logo

視線や顔の動きを追跡し、人のリアルな表情を”アバター“へ瞬時に反映させる新たなVRコミュニケーションシステム『FACE』を開発!

株式会社360Channel 2017年05月29日 15時00分
From PR TIMES

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)の100%子会社である株式会社360Channel(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「360Channel」)は、VRヘッドマウントディスプレイを装着した状態で、視線や顔の動きを追跡し、人のリアルな表情を“アバター”へ瞬時に反映させる技術を用いた新たなVRコミュニケーションシステム『FACE ~Face And Communication Entertainment~』(以下、「FACE」)を開発したことをお知らせいたします。本システムはお客様のオーダーに合わせ、独自のツールとして提供することも視野に入れており、現在導入いただける企業を受け付けています。

■FACEプロモーションビデオ(リンク
■お問合せはこちら(リンク
■FACEウェブサイト(リンク






[画像1: リンク ]

[動画: リンク ]



AR/VR市場は2025年には約950億米ドルまで拡大し、PC・スマートフォンに続く第3のプラットフォームとして市場を形成する可能性があるとの予測が出ています(出所:Goldman Sachs Asset Management)。VRにおけるコミュニケーション領域は、大手VR関連企業がベータ版サービスをリリースする他、複数の企業が資金調達するなど、注目度が高まっています。360Channelは、こうした市場環境の劇的な変化を見据え、VRコミュニケーションシステムの研究開発に至りました。

[画像2: リンク ]

本システムの開発にあたり、Holotech Studios、 FOVE、 Binary VR、CRI-ミドルウェアが手がける技術を統合し、360Channelの持つ独自の同期通信システムを用いました。本システムは、視線追跡型VR HMDと口や頬の動きの情報を取得できるFacial Tracking cameraを利用し、人の視線や表情データを3D モデルレンダリング技術によってアバターへ反映しています。また、人の表情が反映されるアバターを用いて複数人での音声通話も可能となっています。グループ会社で投資事業を展開するコロプラネクストが運用するColopl VR Fundのネットワークを通じて出会った企業の高い技術力を、360Channelがこれまでに培ったノウハウと組み合わせることで実現しました。


[画像3: リンク ]

今後本システムを活用することで、ユーザーがアバターとして同時に参加するインタラクティブ性の高いVRコンテンツの制作や、ユーザーの視線の移動、焦点を合わせた対象物や時間のデータと表情変化のデータを蓄積し、視線と表情を組合せた分析ツールへの応用の可能性も考えられます。また本システムは、研究開発段階であり今後様々な企業と連携をとり、VRにおける実用的なコミュニケーション技術への発展を目指しています。


■FACEプロモーションビデオ(リンク
■お問合せはこちら(リンク
■ウェブサイト(リンク
■FACE 360度動画(リンク


[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]



[画像8: リンク ]


【株式会社360Channel 会社概要】
社名  :株式会社360Channel リンク
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立  :2015年11月2日
資本金 :7億円(資本準備金含む)
代表者 :代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:360度動画関連事業


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社360Channel  広報担当  pr_ml@360ch.tv


(C) 2016-2017 360Channel, Inc.
※360チャンネル\サンロクマルチャンネルおよび360Channelのロゴ(「36」)は株式会社コロプラの商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。