logo

定番シンセの白モデル  2017年6月9日(金)発売

島村楽器株式会社 2017年05月29日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017/05/29

島村楽器株式会社

Roland×島村楽器  定番シンセの白モデル
2017年6月9日(金)発売

島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、ローランド株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:三木純一)とのシンセサイザーでは初のコラボレーションとなる『FA-06-SC』を2017年6月9日(金)に発売いたします。
 開発コンセプトは”要望に多いホワイトカラーの採用と、ワークステーション型シンセサイザーとしての楽しみ方提案”。ローランドでは定番モデルの1つである『FA-06』をベースに開発されました。主な特徴は以下の3点です。
1、外装は性別問わず幅広い層に愛用頂ける「ホワイト」を基調としたデザイン。ステージ上でのインパクトも増します。
2、音色面は「オリジナルコンテンツSDカード」が付属。このSDカードには各世代でお楽しみいただけるあの曲/フレーズのサウンドを再現した音色データ(35音色)、そしてローランド社の追加音色ライブラリー・サイト「Axial」からINTEGRA-7供給ライブラリ全て(17タイトル、Synth Tone合計827種類) が収録されています。SDカードからお好みの音色を本体に追加できるほか、データの読み込みや保存も可能。
3、専用オリジナルケースも付属。背負えるタイプですので、移動に便利です。
 ベースモデルとなっているワークステーション型シンセサイザーの定番モデル『FA-06』(※2014年2月15日発売)に関してはこちら リンクをご覧ください。
 販売価格は\118,000(税抜)。ぜひ島村楽器の店頭でお試しください。

■ Roland 『FA-06-SC』  販売価格: \118,000 (税抜)  \127,440 (税込)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。