logo

ロボットホームで、IoTの賃貸住宅をつくろう! IoTの賃貸住宅10,000室の供給へ 賃貸住宅メーカー、賃貸管理会社へのOEM提供開始

インベスターズクラウド 2017年05月29日 08時30分
From PR TIMES



アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、IoT機器「TATERU kit」の開発を行う子会社、株式会社iApartment(アイアパートメント)の社名を、2017年6月1日より株式会社Robot Home(以下、ロボットホーム)に変更をいたします。
ロボットホームでは、誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できる「賃貸住宅キット」の販売およびOEM提供を開始いたしますのでお知らせします。

◯ 2018年12月までに10,000室の供給を目指す
ロボットホームの「賃貸住宅キット」は、誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスです。「賃貸住宅キット」を活用することにより、入居者においては、生活の利便性と安全性を高めるとともに、室内のセントラルコントローラーを活用した多様なライフスタイルの実現ができます。また、賃貸経営を行うオーナーは、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」などが可能です。

当社においては、ロボットホームよりOEM提供を受け、2017年6月1日より「TATERU kit」として「TATERU」での提供を行います。当社では、顧客への「TATERU kit」の販売を行い、2018年12月までに「TATERU」の物件において10,000室の供給を目指します。また、ロボットホームの「賃貸住宅キット」を、賃貸住宅メーカーや賃貸管理会社へOEMの提供を行い、販路拡大と不動産業界のIoT活用の促進・活性化を図ってまいります。

◯ ロボットホームの「賃貸住宅キット」、初期費用は8万円
「賃貸住宅キット」は、初期費用8万円で様々な機能を搭載できるタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーを始め、開閉・揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、外出先でも受話応答が可能なドアホン(※)で、賃貸住宅のIoT化を推進します。
※ドアホンはオプション、別途費用となります。

[画像1: リンク ]

ロボットホーム サイトURL:リンク

◯ 全ての賃貸住宅にコンシェルジュを
室内に設置されたセントラルコントローラーは、各種IoT機器の操作だけでなく、ロボットコンシェルジュによる、水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートいたします。 今後、自社開発の領域にとどまらず、複数の企業とのパートナーシップを検討し、提携企業の技術やサービスを生かしながら協業を行うことで、コンテンツの拡充を図り、業界の枠をこえライフスタイルのイノベーション基盤を構築します。


[画像2: リンク ]

※概念図(イメージです)

◯ Robot Home社 概要
社名:株式会社Robot Home(旧:株式会社iApartment 2017年6月1日社名変更予定)
設立日:2016年4月1日
代表取締役:古木 大咲
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5-3F
事業内容:
1.IoT機器の開発・製造・販売、並びに関連するシステムの構築および運用保守サービス業
2.インターネット、携帯情報端末機を活用した広告および通信販売業務
3.アプリケーションの開発並びに運用保守サービス
4.インターネットを利用した不動産情報の提供サービス

◯ 当社概要
社名:株式会社インベスターズクラウド
設立: 2006年1月23日
資本金: 6億192万円
代表取締役: 古木 大咲
本社: 〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25-7F
事業内容:
アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営
「TATERU」 リンク
ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
「スマリノ」リンク
不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の企画・運営
「TATERU FUNDING」リンク
(不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事