logo

東京家政大学が高校生・同大の学生を対象に「生活をテーマとする研究・作品コンクール」を開催 -- 「家庭」「福祉」「環境」「文化」に関する論文・作品を募集

東京家政大学 2017年05月29日 08時05分
From Digital PR Platform


東京家政大学生活科学研究所(東京都板橋区)では2004年から全国の高校生と同大の学生を対象とした「生活をテーマとする研究・作品コンクール」を開催している。このたび、2017年度の募集を開始。テーマは「家庭」「福祉」「環境」「文化」に関するもので、未発表の論文または作品を募集している。締め切りは9月12日(火)必着。


 同コンクールの応募資格は全国の高校生または同大・同大短大部の学生で、個人のほか団体での応募も可。優秀な作品に対しては、表彰状および副賞として最優秀賞に10万円(1名)、優秀賞5万円(2名)、佳作2万円(5名)が贈られる。
 受賞作品は、10月3日(水)に同大生活科学研究所のホームページ上で発表する。表彰式は10月29日(日)の同大の文化祭「緑苑祭」の中で行われる予定。今年度の概要は下記の通り。

◆「生活をテーマとする研究・作品コンクール」実施概要
【テーマ】 家庭・福祉・環境・文化に関するもの(普段取り組んでいる実験、調査研究等)
【応募資格】 一般高校生、東京家政大学・短期大学部の学生
【表彰・副賞】
 表彰状および副賞として
・最優秀賞 1名 10万円
・優秀賞 2名  5万円
・佳作 5名  2万円
【応募締め切り】 9月12日(火)必着
【応募方法】 
・論文または作品(縦1m×横1m×高さ1m以内。一人で持ち歩きできるもの)
・未発表の論文または作品(1高校あたり3作品以内)
 ※ご応募頂いた論文作品はお返しできません。どうしても必要な場合はご相談ください
 ※郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、学校名、学年、電話番号、メールアドレス、3名以上のグループはグループ名を表記、指導教員名
【発 表】 10月3日(火)生活科学研究所のホームページで発表
【表彰式】 10月29日(日)の東京家政大学緑苑祭(文化祭)にて行う予定
【主 催】 東京家政大学生活科学研究所

(参考)
●2016年度の結果
・最優秀賞 なし
・優秀賞
 東京大学教育学部附属中等教育学校6年 櫻井玲さん「思い切り遊べる子ども服」
 青森県立名久井農業高等学校3年5名 共同研究「目指せ短命県返上~高機能性野菜を活かせ~」   
 京都市立塔南高等学校3年5名 共同研究「高校生のための未来の子育て手帳の提案~高校生の親性準備性の育成をめざして~」

●東京家政大学 生活科学研究所 リンク
 生活科学領域の総合研究プロジェクトや産学官連携プロジェクトを行っている機関。また、生活科学の基礎・応用研究ができる研究生制度。そして全国の高校生、同大の大学生・短大生を対象とした「生活をテーマとする研究・作品コンクール」を開催している。

▼送り先・問い合わせ先
 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
 東京家政大学生活科学研究所 コンクール係
 TEL: 03-3961-2502
 FAX: 03-3964-8961
 E-mail: rids@tokyo-kasei.ac.jp
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事