logo

マクドナルドと楽天 さらなる利便性の向上を目指し、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において提携

日本マクドナルド株式会社 2017年05月26日 11時54分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)と楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、お客様のさらなる利便性の向上のため、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において提携し、6月1日(木)より、日本全国のマクドナルド約2,900店舗で同サービスの利用が可能となります。

両社は2008年12月に楽天の電子マネー「楽天Edy」を全国のマクドナルドに導入し、現金以外の支払い方法の選択肢を広げ、スピーディーかつスムーズなサービスの提供を実現してまいりました。今回の提携により、「楽天ポイントカード」を保有するお客様は、全国のマクドナルド店舗での支払いの際、「楽天ポイントカード」の機能が搭載されたカードや「楽天ポイントカードアプリ」を提示いただくことで、100円(税込)ごとに楽天グループの各種サービスで利用可能な「楽天スーパーポイント」を1ポイント貯めることができます。また、貯まったポイントは全国のマクドナルド店舗などでの支払い時にも利用可能です。

「楽天スーパーポイント」を通して、マクドナルドでの食事とともに、気軽にポイントを使ったり、貯めたりと、ポイントの使いやすさや楽しさを体感いただくことで、両社はより一層の利便性の向上につなげることを目指しています。

また、本サービス提携を記念して、6月1日(木)から6月30日(金)までの期間中の平日に、マクドナルドの全店舗で「楽天ポイントカード」を利用いただくと、「楽天スーパーポイント」が通常の5倍(お買上げ1回につき、100円ごとに合計5ポイント)貯まる「マクドナルドで平日ポイント5倍キャンペーン」を実施します。また、6月1日(木)より両社のオリジナルデザイン「マクドナルド楽天ポイントカード」を全国のマクドナルド店頭にて無料で配布します。

さらに、今夏を目処に、日本マクドナルド公式アプリ上に共通ポイントサービスとの連携機能が搭載される予定です。お客様はアプリ上でも、「楽天ポイントカード」機能を手軽に利用いただけるようになりますので、ぜひご期待ください。

両社は、今後もお客様のさらなる利便性の向上を実現し、顧客満足度の向上に努めてまいります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事