logo

"P2P型の不動産クラウドファンディング"「Crowd Realty」がサービスを正式公開

株式会社クラウドリアルティ 2017年05月26日 10時00分
From PR TIMES

日本初の遊休不動産の再生を目的とした投資型クラウドファンディングのプロジェクトを公開

株式会社クラウドリアルティ(本社:東京都千代田区、代表取締役:鬼頭 武嗣、以下クラウドリアルティ)は、"P2P型の不動産クラウドファンディングサービス"「Crowd Realty」(URL:リンク)を正式公開し、投資家登録が完了している全てのユーザーからの出資申込を受付開始致しました。あわせて国内第一号ファンドの募集を開始しましたのでお知らせ致します。



「Crowd Realty」は、誰もが自由に資金調達ができる、もしくは資金調達プロジェクトに投資ができる、P2P型の不動産クラウドファンディングのマーケットプレイスです。不動産の証券化とクラウドファンディングの仕組みを組み合わせることで、一案件あたり5万円~15万円という少額からの不動産投資を可能にしました。それにより、より多くの方に不動産投資をはじめていただけます。「Crowd Realty」は不動産の新たな価値創造に取り組むと同時に、新たな資本市場の創生も目指していきます。
[画像1: リンク ]

第一号ファンド概要
サービス開始に伴い「Crowd Realty」では、多人数のインバウンド観光客を主なターゲットとして、京町家を宿泊施設にリノベーションして運営を行うファンドへの出資募集を開始します。今回のファンドは、京都府の中でも、随一の観光名所である清水寺等が所在する東山区五条坂下エリアに所在する物件での運営となります。施設の運営は、京都で町家宿泊施設の運営に実績のある株式会社トマルバにより行われ、プロジェクト終了時に、本物件を新たな所有者に売却し、売却後も宿泊施設として継続して運営されることを想定しています。遊休不動産の再生を目的とした投資型クラウドファンディングのプロジェクトとしては日本初の案件となります。

<ファンド概要>

[表: リンク ]



京町家の運営会社について
施設運営を委託する株式会社トマルバは古民家・京町家の一棟貸し宿に特化した、企画、運営、集客を行うプロデュース会社です。有名な庭師による坪庭、照明デザイナーによるライティング、高品質なアメニティや設備を整えることで、京町家を高級宿泊施設にリデザインし、インバウンド顧客をターゲットに集客を行います。車での送迎、コンシェルジュサービスなども行い、京都で最上級の宿泊体験を演出します。
リンク


クラウドリアルティの思い
「Crowd Realty」は、クラウドファンディングの仕組みを通すことで、少額投資を可能にし、より多くの方々が不動産投資をはじめることを実現します。また加えて、これまで資金調達の選択肢が少なかった小規模案件やリノベーション・開発が伴う不動産投資案件にも、対象不動産から生じる将来のキャッシュフローを基にバリュエーションを行い、市場の利回り目線を確認しながら資金調達を実施する機会を提供することができます。
クラウドリアルティはサービスを通して、これまで資金調達が困難であった不動産関連プロジェクトの資金循環を活性化させ、地域再生や不動産の新たな価値創造に取り組むと同時に、新たな資本市場の創生も目指していきます。
[画像2: リンク ]

クラウドリアルティ 会社概要
会社名:株式会社クラウドリアルティ
代表取締役:鬼頭 武嗣
所在地:東京都千代田区平河町二丁目5番3号
設立:2014年12月
URL:リンク
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2963号
宅地建物取引業 東京都知事(1) 第98234号

・本リリースは報道機関への情報提供を目的としており、特定のファンドへの投資勧誘を目的としたものではありません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事