logo

発酵管理などわずかな品温変化の把握に最適な「ワイヤレス品温モニターセット」6月中旬出荷開始

品温を自動計測してワイヤレスでパソコンに表示できる無線温度ロガー

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役社長:岡村周善、以下ラトックシステム)は、品温を測って無線でパソコンに送信し、グラフで表示したり保存したりできる「ワイヤレス品温モニターセット(Windows対応)」を、2017年6月中旬に出荷開始いたします。



■ワイヤレス品温モニターセット(Windows対応)
製品型番:REX-TRM01
標準価格:¥89,800 (税込 ¥96,984)
発売予定:2017年6月中旬
製品ページ: リンク

[画像1: リンク ]


【システムの概要】
本製品は、品温を測るセンサーユニット(送信部)とUSBアダプター(受信部)のセットです。あらかじめ指定した時間間隔で温度計測ができ、Sub-GHz(920MHz帯)無線通信を使ってパソコンに伝送します。品温計側部には高精度センサーを使用。発酵過程などの微細な温度変化の把握やこまめな記録が必要な、生産・研究現場のニーズにこたえます。
[画像2: リンク ]


【開発の背景】
当社では、酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」を開発し、今月より販売を開始いたしました。このシステムでは、醸造タンク内のもろみの品温を自動的に計測してパソコンで監視し、クラウド経由で遠隔地からも確認できるため、足を運んで品温の確認と記録をおこなう負荷を軽減できるのが、大きなメリットです。また、酒造工程ではわずかな品温変化が酒質に影響を与えるため、品温計測をおこなうプローブ部には、高精度で長期安定性が高いPT100(白金測温抵抗体)温度センサーを採用。直接食品に触れても安全なように、プローブ部の素材にはSUS316を用い、ケーブル部はフッ素樹脂で皮膜しています。

本製品の発表以来、酒造の用途以外でも、離れた場所から厳密な品温監視を必要とするシステムに応用したいという声をいただくようになりました。IoT化を進める業界で品温計測の需要があるとの判断から、IoTシステムなどに組み込み可能で高精度な無線温度ロガーとして販売を開始する運びとなりました。IoTゲートウェイのメーカーとの協業も視野に入れた展開を想定しています。
[画像3: リンク ]

なお、当社サイトでダウンロード提供予定のWindows対応アプリ「品温モニター」を使用すれば、購入してすぐ品温のモニタリング(計測データの取得、保存、CSV書き出し)をおこなうことも可能です。

■ワイヤレス品温モニターセット(Windows対応) REX-TRM01

【特徴】

センサーユニット(送信部)とUSBアダプター(受信部)のセット
品温を測ってワイヤレスでパソコンに表示
パソコンとユニットの通信距離は最大250m(見通し)
指定した時間ごとに品温を測る「自動計測」
必要なときだけ品温を測る「手動計測」
高精度の品温計測が可能なPT100温度センサー採用
BOX内センサーで室温、湿度も同時に計測
自動計測データをCSVで書き出し
計測データを保持できるメモリを搭載
ユニットを最大15台まで接続可能
ユニットは設置しやすい電池駆動
開発者向けに独自システムへ組み込めるコマンド仕様を提供



【法人様向け貸出サービス】
実際に導入を検討している環境で本製品を試したい、購入前に製品評価・検証をおこないたい、など法人様の要望にお応えするサービスをご利用いただけます。(貸出期間:最大2週間)

【製品情報URL】
リンク

▼ 本システムに関するお問い合わせ先
開発元 : ラトックシステム株式会社 東京支店
コーポレート・ソリューショングループ
電話 : 03-5207-5010
メールフォーム : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事