logo

聖心女子大学が6月23日に「聖心グローバルプラザ」「聖心女子大学グローバル共生研究所」の開設記念シンポジウム「自然との共生 -- 古今東西」を開催

聖心女子大学 2017年05月26日 08時05分
From Digital PR Platform


聖心女子大学(東京都渋谷区)は6月23日(金)、聖心グローバルプラザおよび同大グローバル共生研究所の開設を記念したシンポジウムを開催。「自然との共生―古今東西」をテーマに、聖心グローバルプラザの大壁面を飾るモザイクタイル画「黄金の林檎(Le Pommier d'Or)」の作者である美術家の田窪恭治氏、大原美術館館長の高階秀爾氏、美術教育専門家の水島尚喜同大教授が「共生」について語る。参加費無料、要事前申し込み。


 同大は2016年2月にキャンパスに隣接する旧JICA跡地の土地・建物を取得し、新校舎4号館として整備を進めてきた。このたび、新たな教育・研究の拠点として、新校舎4号館に「聖心グローバルプラザ」とグローバル人材育成を推進する「グローバル共生研究所」をオープンする。これを記念して6月23日(金)にシンポジウムを開催する。

 当日は「自然との共生―古今東西」をテーマに、大原美術館館長の高階秀爾氏、聖心グローバルプラザの壁面を飾る「黄金の林檎(Le Pommier d'Or)」の作者である田窪恭治氏による講演、田窪恭治氏と水島尚喜教授による対談を予定している。概要は以下の通り。

◆聖心女子大学グローバル共生研究所 聖心グローバルプラザ開設記念プレ・イベント
「黄金の林檎(Le Pommier d'Or)」完成記念シンポジウム 
【日 時】 6月23日(金)17:30開場  18:00~20:30開演予定
【プログラム(予定)】
・挨拶 岡崎淑子聖心女子大学学長
・基調講演「リンゴをめぐる文化論」 高階秀爾氏(大原美術館館長、東京大学名誉教授、日本藝術院会員)
・講演「黄金の林檎の制作について」 田窪恭治氏(美術家、多摩美術大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師)
・シンポジウム 田窪恭治氏、水島尚喜氏(聖心女子大学教授、美術科教育学会代表理事)による対談 司会:永田佳之氏(聖心女子大学教授)
・聖心女子大学グローバル共生研究所所長(大橋正明氏)からのメッセージ
【場 所】 聖心グローバルプラザ(聖心女子大学4号館)3階 ブリット記念ホール
【予約期間】 5月12日(金)~6月22日(木) 定員になり次第終了
【予約方法】 下記サイトからお申し込みください。
 リンク
【参加費用】 無料
【主 催】 聖心女子大学グローバル共生研究所 

・聖心女子大学HP: リンク
・4号館/聖心グローバルプラザ: リンク

▼本シンポジウムに関する問い合わせ先
 kyosei@u-sacred-heart.ac.jp

▼リリースに関する問い合わせ先
 聖心女子大学企画部 担当: 水崎
 TEL: 03-3407-5249
 E-Mail: kikakubu@u-sacred-heart.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事