logo

ちゃぶ台派プロゲーマーに朗報。ベストポジションでゲームに集中できるハイスペックゲーミング座椅子発売。

ビーズ株式会社 2017年05月25日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017/05/25

ビーズ株式会社

ちゃぶ台派プロゲーマーに朗報。
ベストポジションでゲームに集中できるハイスペック「ゲーミング座椅子」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2017年5月25日、 同社インテリアブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ) リンク」において、「ゲーミング座椅子」シリーズのハイスペックモデル「LOC-950RR リンク」を発売し、日本人が慣れ親しんだ床座やあぐらスタイルでのゲーム攻略をサポートします。

【画像: リンク

<ゲーミング座椅子とは>
 Bauhutte(R)は2016年、オフィスインテリアメーカーとして初めて座椅子とゲーミングチェアそれぞれの長所を組み合わせた「ゲーミング座椅子」というコンセプトを発案。 日本人ならではの着座姿勢が取れ、狭い住宅事情にも適した特長が話題を呼び、大ヒットを記録しました。
 今回発売する「LOC-950RR」は、プロゲーマー向けに設計した史上最高性能のモデルです。 様々なゲームジャンルに合わせて着座姿勢を柔軟に変化させられるよう、先行のスタンダードモデル「LOC-01」に比べ、各部の機能を大幅にアップグレードしました。

【画像: リンク

<アップグレードポイントその1:42のポジションが取れるアームレスト>
 前後へのスライド、左右への首振り、取り付け位置、高さ調節と4要素を微調整できる高性能アームレストを搭載。 ポジション総数は42※で、加えて高さが6cm無段階調節可能となっているため、一人ひとり異なるポジションにきめ細やかに対応します。 (※前後スライド:7段階、左右首振り:3段階、取り付け位置:2ヶ所、の乗算)
 「取り付け位置」はアームレストの左右入れ替えができることを指しており、「前寄り」「後寄り」の2タイプで取り付け可能です。 前傾姿勢でプレイするFPSなどでは前寄り、コントローラーを使って後傾姿勢でプレイするRPGなどには後寄りと、ゲームジャンルに合わせた設置を推奨します。

【画像: リンク

<アップグレードポイントその2:3Dヘッドレスト&ランバーサポート>
 ヘッドレストとランバーサポートには、人体の構造に合わせた3D形状にするべく専用の金型を使い発泡させた高密度モールドウレタンを採用。 一般的なゲーミングチェアに付属するクッションのように、綿などの詰め物を充填しただけ、ウレタンを切り出しただけのものとは異なり、型くずれしにくく弾力性が高いのが特長です。

【画像: リンク

 先行モデルに採用している、ポジション固定用のロック付きキャスターや、フルフラットになり休憩や仮眠などに便利なリクライニング機能などは引き継いで搭載。
 「LOC-950RR」のメリットを最大限に享受するには、自由な高さ調整ができる 「昇降式ローデスク」との組み合わせが最適です。 着座姿勢だけでなく、デバイスのポジションも総合的に見直すことで、更に快適なゲーミングライフを過ごせます。

【画像: リンク

【商品名】ゲーミング座椅子 LOC-950RR
【型番:カラー】BK:ブラック、BU:ブルー×ブラック、RD:レッド×ブラック
【サイズ】幅740×奥行545×高さ335~965mm、座部の高さ:約145mm
【重量/耐荷重】17.5kg/100kg
【材質】背もたれ部・座部:ポリエステル、ウレタンフォーム、スチール
    肘掛部:ポリプロピレン、ポリウレタン、スチール
    キャスター:ナイロン
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:33,000円)
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。