logo

無料インフォグラフィックス:北東アジア繊維中間体の中国への貿易フロー

ICIS 2017年05月24日 16時05分
From 共同通信PRワイヤー

無料インフォグラフィックス:北東アジア繊維中間体の中国への貿易フロー

AsiaNet 68686

【シンガポール2017年5月24日PR Newswire】
中国はポリエステルチェーンの自給自足にますます重点を置いており、中国ではモノエチレングリコール(MEG)やパラキシレン(PX)の生産能力拡張が図られています。中国では今後5年間にさらに1,000万トン以上のPX年間生産能力の増大と600万トンのMEG生産能力増大が計画されており、これらが中国の輸入量に影響することはまず間違いありません。

(ロゴ: リンク )

(写真:
リンク )

PXとMEGの主要輸出地域である北東アジアは、この市場状況の変化によって増大する困難に直面するかもしれません。北東アジアにおける高純度テレフタル酸(PTA)生産能力の増大も、この地域の輸出業者にとってさらなる競争につながることでしょう。しかし、北東アジアのPX、PTA、MEG輸出業者は、今後予定されているポリエチレンテレフタレート(PET)プラントに安心材料を見出すかもしれません。ポリエステルチェーン市場において、PETは重要な用途の1つです。

2017年には中国で200万トン以上のPET生産が開始されると予測されていますが、これはPX、PTA、MEGの需要増にどのような影響を与えるでしょうか。さらに言えば、アジアにおける主要市場プレイヤーはどのような影響を受けるのでしょうか。

当社の無料インフォグラフィックスをダウンロードすれば、次の項目についてよりビジュアルな概要を見ることができます。

・韓国、台湾、日本から中国への新たな輸入キャパシティの貿易フロー

・繊維中間体の価格普及とPETなど下流市場への影響

・繊維中間体の今後の生産能力およびプラント

ここからインフォグラフィックスをダウンロード (リンク

メデイア問合せ先:
亜太地域、マーケティング責任者
Jeniffer Sy
+65-6780-4352
jeniffer.sy@icis.com


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事