logo

シンプレクス・ホールディングスと資本業務提携

株式会社お金のデザイン 2017年05月24日 14時00分
From PR TIMES

シンプレクス子会社のリオシーと株式交換契約を締結し、同社を完全子会社化金融ソリューション事業を本格始動

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 仁)は、シンプレクス・ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金子 英樹、以下シンプレクス・ホールディングス)と2017年4月28日付で資本業務提携契約を締結いたしました。
また、 シンプレクス・ホールディングス連結子会社で、独自開発の資産運用業務プラットフォームを有する株式会社リオシー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山辺 僚一、以下リオシー)と株式交換契約を締結し、2017年5月22日付でリオシーを完全子会社化いたしました。



今後、シンプレクス・ホールディングスとの業務提携、またリオシーの完全子会社化により金融機関向けシステム開発並びに海外展開の強化を行ってまいります。


■シンプレクス・ホールディングス株式会社について
シンプレクス・ホールディングス株式会社は、金融機関の収益業務に特化した金融ソリューションを提供するシンプレクスグループの持株会社です。同グループには1,000名を超える金融・ITに精通したプロフェッショナルが在籍し、大手金融機関を中心に強固な顧客基盤を獲得しています。また、米国の調査会社「IDC Financial」が選定する世界の金融ITサービス企業ランキングFinTech Rankingにも毎年ランクインしています。


■株式会社リオシーについて
株式会社リオシーは資産運用ビジネスの世界で長年にわたり豊富な実務・マネジメント経験を積み重ねてきたメンバーにより設立されたフィンテック・ソリューション・プロバイダーです。高度な資産運用ノウハウと先端テクノロジーの融合によって顧客固有のニーズ及び課題解決のために最適化したカスタマイズド・クライアント・ソリューションを提供しております。


■株式会社お金のデザインについて
株式会社お金のデザインは、日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスTHEO[テオ] を2016年2月より提供しています。THEOは、5つの質問に答えるだけでロボアドバイザーが、世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し運用します。10万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチです。20代・30代のユーザーが半数を超えており、利用者も1万人を突破しました。
2017年には子会社の株式会社MYDCが、iDeCoのサービスも提供を開始しています。

■株式会社お金のデザイン 会社概要
名称    株式会社お金のデザイン(MONEY DESIGN Co.,Ltd)
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
所在地   〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1階
代表者   代表取締役社長  中村 仁
事業内容  投資運用業および投資助言・代理業、第一種金融商品取引業
加入協会  一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会
URL    リンク
設立年月日 2013年8月1日
資本金 / 資本準備金 100,000,000円 / 3,253,818,989円(2017年3月11日現在)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事