logo

GSTにおける支払いプロセスを理解

ニーラジバガト&カンパニー(Neeraj Bhagat & Co.) 2017年05月23日 14時27分
From 共同通信PRワイヤー

GSTにおける支払いプロセスを理解

AsiaNet 68671

ニューデリー(インド)、2017年5月23日/PRニュースワイヤー/ --

「物品サービス税は、課税対象サプライチェーンに関わる全てのエンティティーの統合ネットワークを作り出すだけでなく、インドのビジネスを大きくデジタル化することが期待されます。現在のインドのビジネスの方法を変えるのです」と公認会計事務所、ニーラジバガト&カンパニー(Neeraj Bhagat & Co.)間接税担当重役のマノジ・ヤダブは語りました。

物品サービス税ネットワーク(GSTN:Goods and Services Tax Network)は、インドにおけるGST実施のITインフラ提供を目的として設立されました。

従って諸条件は、すべての申告書をGSTポータルのみで作成することを義務付けるGST法に沿って作られました。

政府は、税金納付のモデルGST法(Model GST law)に含まれる重要な条項をいくつか公開しました。

電子納税レジスター

GST法では、全登録課税対象者はGSTポータルの所定の様式GST PMT-1(FORM GST PMT-1)で電子形式の電子納税レジスターを持たなければなりません。GSTで支払う全額がこのレジスターから引き落とされます。

会計処理

モデルGST法では、上記の納税がすべて電子貸方元帳(Electronic Credit Ledger)または電子現金元帳(Electronic Cash Ledger)の借方に記入され、電子納税レジスター(Electronic Tax Liability register)から引き落とされるようになっています。

電子貸方元帳

全登録納税者は、GSTポータルの様式GST PMT-2(FORM GST PMT-2)に電子貸方元帳を持たなければなりません。GST法における仕入れ税額(Input Tax Credit)控除は、すべてこの元帳のみに入金されます。

電子現金元帳

電子貸方元帳は、GST法において全登録納税者がGSTコモンポータル上に持たなければならないもう一つのアカウントです。この様式は預入金額を貸方に入れ、そこから税金、利子、罰金、その他の金額の支払いを借り方に入れる様式GST PMT-3(FORM GST PMT-3)に持っていなくてはなりません。

この預け入れは、さまざまな方法で行えます:
リンク Payments- Edition 8.pdf
コモンポータルで作成した様式GST PMT-4(FORM GST PMT-4)のフォームは、15日間有効です。

著者について

マノジ・ヤダブは、世界中の多国籍企業に仕えるインドの公認会計事務所、ニーラジバガト&カンパニーの間接税担当重役です。ニーラジバガト&カンパニーは、ニューデリー、グルガオン、ムンバイに事務所を置いています。世界の会計学会でトップ10に入るアリニアル・グローバル会計学会(Allinial Global Accounting Association)に所属しています。

更なる情報は、こちらから:リンク


情報源:ニーラジバガト&カンパニー


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。