logo

じぶん銀行、Teradataでマーケティングシステムを刷新し、お客さまの見える化を実現

顧客ベース拡大、更なるビジネスの成長を目指し、「じぶん仕様プロジェクト」を加速



 日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下日本テラデータ)は、株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鶴我明憲、以下じぶん銀行)がTeradataを基盤としたアナリティクスを通じ、個々のお客さまの理解を深め、さらなるマーケティングの高度化を実現したことを発表します。

 じぶん銀行は、株式会社三菱東京UFJ銀行とKDDI株式会社により設立されたインターネット銀行で約240万口座(※)を保有しています。これまでの商品起点のマーケティングに加え、お客さま起点の新たなマーケティングを展開することをトップラインの成長ドライバーと位置付けています。

 じぶん銀行では、オンライン上のデータやインタラクションから生じるデータを活用し、個々のお客さまのニーズを把握したいと考えていました。そのニーズに基づいてスピーディーでパーソナルなマーケティングを実践し、他行との差別化を目指すため、「Teradata Data Warehouse Appliance(以下Teradata)」を活用し、以下を実現しました。

●レポーティング作業時間を約75% 短縮、部署を横断したデータ活用の活性化:これまで複数の担当者が複数のツールを使用して行っていたレポーティングのルーティン作業が、1人の担当者が1つのツールで完結することが可能になり、作業時間が約75%短縮されました。また、Teradataの使い勝手とパフォーマンスの良さから、IT部門のユーザーだけでなく、ビジネス部門のユーザーもデータ活用ができるようになりました。

●お客さまの見える化とパーソナルな対応:Teradataに業務系システム、ウェブサイトやメール配信などのチャネル系システム、またFXなど各種商品システムに点在するデータを集約することで、時系列で個々のお客さまの行動が分かるようになり、モバイルバンキングならではの、個々のお客さまに合ったメッセージやサービスを、タイムリーかつスピーディーに提供できるようになりました。

 さらに、これらを最適なユーザー・エクスペリエンス(UX)として提供することを目的に、2016年6月に「じぶん仕様プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトは、Teradataを活用し、CRM活動とUX向上との両立を目指します。

 また今後は、Teradataを活用した以下の取組みを通じて、更なるビジネス成長を目指します。

●UX向上とパーソナライゼーションの追求:お客さまとのインタラクションを自動化し、お客さまのニーズにタイムリーかつスピーディーに対応できるサービスを提供することで、「じぶん仕様プロジェクト」を加速。

●データ活用体制の更なる強化:行内のデータ活用のスキルアップを促進し、サービス提供のスピードや質を一層強化。

 日本テラデータは、「じぶん仕様プロジェクト」の加速をサポートするため、今後もコンサルティングおよび各種サービスの提供を通じて、データ活用の高度化を支援していきます。

以上
※1:2017年2月末時点

# # #

●日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
リンク

# # #

◆ テラデータについて

テラデータは、顧客企業のビジネス成果を最大化する支援を行っています。ビジネス・アナリティクス・ソリューション、アーキテクチャ・コンサルティング、および業界をリードするビッグデータとアナリティクスのテクノロジーのポートフォリオが、顧客企業のビジネスの可能性を引き出します。
リンク

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

# # #

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。