logo

神田外語大学が5月27 日に地域住民開放イベント「第13回幕張チャリティ・フリーマーケット」を開催 -- 売上金をアジアの途上国や東日本大震災の復興支援に寄付

神田外語大学 2017年05月23日 08時05分
From Digital PR Platform


神田外語大学(千葉市美浜区/学長:酒井邦弥)は5月27日(土)、「第13回幕張チャリティ・フリーマーケット(通称:(幕チャリ)」を開催する。これは、大学施設を開放し、地域の住民と学生が一体となり楽しみながら社会貢献できるイベントで、日用品や飲食物の販売ブースに加え、体験型のワークショップが多数出店。売上金は、アジアの途上国や国内被災地を支援するために寄付する。また、「コミュニティ・オープン・デイ(地域住民開放デー)」として、民族楽器の演奏などステージ公演や子供向けの英会話体験、園芸体験など多数のイベントを同時に開催する。


 同大の学生ボランティア団体「神田外語大学CUP(Create Universal Peace)」が主催する「幕チャリ」は、大学や地域住民、企業、自治体などと連携し、「気軽にできる社会貢献システムを幕張から日本に広める」というミッションのもと2005年に始まった。学生を中心とするボランティアメンバーが日用品や飲食物などを販売し、売上金を途上国や国内被災地などに寄付している。例年数千人の来場者が集まり、これまでの寄付金は累計1800万円を超える。

 13回目となる今回は、従来の物品販売だけでなく、新たに地域住民によるワークショップ形式のブースも多数出店。手作りアクセサリーや似顔絵を学ぶなど、来場者が体験して楽しむことができる。売上金は「公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)」を通じてアジアの自立支援のために寄付される。また、学生らが東日本大震災の被災地から地元の特産品を買い付けて販売し、売り上げの一部を被災地に寄付する予定。
 
 また、同大学生と講師によるベトナムの竹製鍵盤打楽器「トルン」の演奏を初披露する。同大では、トルンのプロ奏者である小栗久美子・非常勤講師の授業に参加した生徒が今年4月、全国唯一のトルンサークルを設立。「日ごろの練習の成果を披露したい」との思いから、今回の出演を決めた。国内のトルン奏者は少なく、注目を集めている。

 このほか「コミュニティ・オープン・デイ(地域住民開放デー)」として、子供たちが外国人講師からゲーム形式で英語を学べる「英語であそぼう!」や「ギャザリング(寄せ植え)」と呼ばれる園芸手法の体験教室など、数多くのイベントが同時開催され、老若男女が楽しめる内容となっている。

<各種イベント 開催概要>
◆第13回 幕張チャリティ・フリーマーケット 
【テーマ】「感じろ!」
【日 時】 5月27日(土) 午前10時~午後3時
【会 場】 神田外語大学1号館および2号館前(※雨天時は大学構内)
【主 催】 学生ボランティア団体「神田外語大学CUP」
【協 力】 神田外語大学ボランティアセンター、グローバル・コミュニケーション研究所
【協 働】 神田外語グループ、幕張地域の住民・商店街・企業の皆様、幕張新都心賑わいづくり研究会、幕張新都心まちづくり協議会
【後 援】 千葉県、千葉市、公益財団法人ちば国際コンベンションビューロー
【内 容】
・フリーマーケット(学生ボランティアによる販売)
・飲食ブース(学内および学外団体による出店)
・パフォーマンス(学内および学外団体による公演)
・オークション(学生による実施)
・震災復興支援直販(学内および学外団体による出店)
・カンボジア現地視察報告会

以下、「コミュニティ・オープン・デイ」の各種イベント。

◆英語で遊ぼう!
【時 間】 午後1時~午後2時
【内 容】 神田外語キッズクラブの外国人講師による英語の絵本の読み聞かせやカードゲームにより、楽しみながら英語を学ぶ。
【対 象】 未就園児~小学3年生
【会 場】 8号館1階101・102教室
【参加費】 無料

◆スタンプラリー
【時 間】 午後1時~午後3時
【内 容】 参加者に「パスポート」を配布。各国の民族衣装を着た留学生と外国語で挨拶を交わし、スタンプを集める。
【会 場】 7号館2階 MULC、8号館1階Meeting Point
【参加費】 無料

◆ギャザリング(寄せ植え)体験教室
【時 間】
・午前の部 午前10時半~(約1時間)
・午後の部 午後1時半~(約1時間)
【内容】土を使わず、数種類の根のついた植物を花束のように手の中で組み合わせて器に植え込む「ギャザリング」技法を体験できる。
【講 師】 神田外語大専属ガーデナー・座間せつよ、松山誠
【参加費】 無料

◆ポンシー先生のグリーン・レッドカレーの試食販売
【内 容】 学内食堂で人気で、5月にレトルトタイプの販売も始まったタイカレーの試食販売。アジア言語学科・タイ語専攻のポンシー・ライト特任准教授が監修した本場の味。

◆アジアン食堂「食神」の一般開放
【時 間】 午前11時~午後3時
【内 容】 アジアン食堂のレストラン営業。アジア各国の料理・デザート計9種類を提供。

◆新施設8号館、7号館の内覧会
【時 間】 午前10時~午後3時
【内 容】 今春オープンしたばかりの8号館と、7号館を自由に見学できる。8号館ではガラス張りの斬新なデザイン、ロフトをイメージした大空間など、NYの雰囲気が楽しめる。
【参加費】 無料

※千葉県政記者クラブ、千葉市政記者会、千葉民放記者クラブにも配信されています。

▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
 学校法人佐野学園 学園広報部 担当: 関根、今手
 TEL: 03-3258-5837 (平日 9:00~17:30) 
 FAX: 03-5298-4123
 E-mail: media@kandagaigo.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事