logo

<お知らせ>DSP『Logicad』、インフィード広告枠の配信を本格対応へ

ソネット・メディア・ネットワークス 2017年05月22日 14時40分
From PR TIMES

~配信効果を含めたスマートフォン向け広告の大幅強化~

リンク

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、この度DSP(*1)『Logicad』において、インフィード広告枠への大幅な拡充を行いました。

インフィード広告は、近年スマートフォン向け広告配信を中心に更なる成長が期待されています。今回、対応するインフィード広告の種類は、外部コンテンツ誘導型です。特徴は、媒体社が提供する記事・コンテンツと一体感のあるデザイン、フォーマットで誘導枠を設置することで、外部コンテンツ(ランディングページなど)へのコンバージョン(CV)を促進するものです

   【参考画像1】(インフィード広告)
[画像1: リンク ]



◇先行配信におけるリターゲティング広告(*2)の効果
  本対応に伴い、先行配信を行ったところ、リターゲティング広告のCPA(顧客獲得コスト)において、通常のバナー広告と比較した場合、大幅な改善(約60%)がみられています。

◇「Logicad ダイナミッククリエイティブ」における商品データの活用
  「Logicad ダイナミッククリエイティブ」(*3)を利用しているケースでは、共有されている商品データを活用することで、インフィード広告枠への配信も可能となります。

【参考画像2】「Logicad ダイナミッククリエイティブ」での活用例
[画像2: リンク ]



今後は、当社が所有する約3億UB(ユニークブラウザ)のデータを瞬時に高速解析する技術とあわせた広告効果の最大化を目指します。

【参考】
◇インフィード広告枠 対応SSP(*4)
・「DoubleClick Ad Exchange」
・「Ad Generation」
・「fluct」

◇「インフィード広告 外部コンテンツ誘導型」の定義(一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会)
 URL:リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ソネット・メディア・ネットワークス株式会社 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2000 年 3 月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の3つの技術をコアとし、DSP『Logicad』をはじめとするマーケティングテクノロジーに関する様々なサービスを提供しています。
■ ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
  URL リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ソネット・メディア・ネットワークス 『Logicad』概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Logicad』は、大規模な配信ログ、オーディエンスデータを高速かつ安定的に処理することが可能なシステムインフラを備え、独自のアルゴリズムを用い、RTB(*5)にも対応した自社開発の広告配信最適化プラットフォームです。
■ DSP『Logicad』
  URL リンク

*1 DSP(Demand Side Platform)
  広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム

*2 リターゲティング広告(配信)
   広告主のサイトに訪問歴のあるユーザーに限定し、再訪を促す広告を配信する手法

*3 「Logicad ダイナミッククリエイティブ」
  ユーザーの閲覧履歴をもとに、興味関心が高い複数の表示する商品を変えていくもの。これにより全ユーザーの商品ページへの閲覧履歴から高精度な分析を可能とし、関連性の高い商品の広告を掲載していくことが特徴です。

*4 SSP (Supply Side Platform)
  広告媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォーム

*5 RTB(Real Time Bidding)
  1インプレッション毎にリアルタイムで入札が行われる形式

                                    以 上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。