logo

多摩大学ルール形成戦略研究所 客員教授にブラッド・グロッサーマン氏 就任

多摩大学 2017年05月22日 14時05分
From Digital PR Platform


多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長:國分俊史)は、同研究所客員教授に戦略国際問題研究所(CSIS)のパシフィック・フォーラムCSISのExecutive Directorであるブラッド・グロッサーマン氏が客員教授に就任した。


 多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長:國分俊史)の客員教授に就任したグロッサーマン氏は、米国外交政策とアジアの安全保障・国際政治を専門としており、米国ホノルルのシンクタンクで、アジア太平洋の外交・安全保障研究を行うパシフィック・フォーラムCSISに所属している。
 パシフィック・フォーラムCSISの母体であるCSISは、ワシントンD.C.に拠点を置き、米国のシンクタンク・ランキング国防・安全保障分野で2011年より6年連続1位にランキングされている。
 グロッサーマン氏の就任により、本研究所では、世界各国の政府、シンクタンク、研究機関などとの連携強化を図り、さまざまな分野での国際的なルール形成に関する研究活動やナレッジの発信をさらに強化していく。

■ブラッド・グロッサーマン(Brad Glosserman)氏 経歴
 1991年から2001年にかけて、The Japan Times編集委員。現在、ソウル発行の研究雑誌『New Asia Research Institute』の編集委員や、オーストリアのインスブルック・マネジメント・センター講師等も兼任。ジョージ・ワシントン大学法務博士(JD)、ジョンズホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院(SAIS)修士(MA)、リード・カレッジ学士(BA)。近著に、外交問題評議会(CFR)のスコット・スナイダー(Scott Snyder)氏と共著でコロンビア大学出版会より2015年に出版された『The Japan-South Korea Identity Clash: East Asian Security and the United States』がある。また、現在東日本大震災の影響について論じた『The Choice: The Impact of the March 11, 2011 Triple Catastrophe on Japan』を執筆中。

■グロッサーマン氏を講師として迎え、同研究所特別セミナー「不確実性が高まる東アジアにおける日本の役割とは」を開催。聴講ご希望の方は以下メールアドレスまで。
・日時: 2017年6月5日(月)13:30~15:00 (受付開始13:00)
・場所: 多摩大学大学院 品川サテライトキャンパス(港区港南2-14-14 品川インターシティフロント5階)
※英語(同時通訳なし、質疑応答時は司会による逐次通訳有)
・お申込み締切: 2017年6月2日(金)

■ルール形成戦略研究所について
 2016年6月に多摩大学 研究開発機構に創設された「ルール形成戦略」を専門とする日本で初めての総合シンクタンク。2017年4月からは多摩大学大学院においてMBAルール形成戦略(Rule-Making Strategy Professional)コースを開始し、社会を変革するイノベーターの創出を目指す。

▼本件に関する問い合わせ先
 多摩大学 ルール形成戦略研究所 広報担当
 金山(070-3531-6549)・和崎(070-2199-1864)
 E-mail: CRS_PR@tohmatsu.co.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事