logo

【21ヶ月で会員数10万人を突破】日本最大級の婚活パーティー情報サイト「オミカレ」の総登録会員数が10万人。

株式会社オミカレ 2017年05月22日 11時02分
From PR TIMES

2016年4月に会員数2万人、2016年6月に3万人、2016年8月に4万人、2016年11月に5万人と順調に増加。

株式会社オミカレ(本社:東京都渋谷区 代表取締役 羽場誠、以下、オミカレ社)は、自社で運営する日本最大級の婚活パーティー情報サイト「オミカレ」(リンク)」の総登録会員数が10万人を突破したことを発表いたします。日本最大級の婚活パーティー情報ポータルサイト「オミカレ」は、 婚活者一人ひとりが素敵なパートナーに出会うきっかけ作りを支援しています。



[画像1: リンク ]

今回10万人を突破した会員機能のリリースは2015年7月で、2015年12月に会員数1万人、2016年2月は会員数1万5千人、2016年4月に会員数2万人、2016年6月に3万人、2016年8月に4万人、2016年11月に5万人、2017年5月10万人と会員登録数を順調に増やしております。

[画像2: リンク ]

婚活パーティーは、その名の通り「婚活」を目的にした人たちが参加するパーティーです。一般的なパーティー形式以外にも、イベント形式や合コン形式など、さまざまなスタイルの婚活パーティーがあります。

「趣味」「年齢」「職業」など、婚活者の好みに応じて婚活パーティーは多様化しています。しかし、自分に合う婚活イベントが「いつ」「どこで」行われるのか調べるのは大変な手間です。

そんな婚活者が、全国で行われる婚活パーティーから自分の好みにあったものを簡単に調べて予約までできるのが日本最大級の婚活パーティー情報ポータルサイト「オミカレ」です。オミカレの特徴として、オミカレを通じてパーティーを予約することで、独自のポイントが付与され、Amazon商品券などと交換が可能です。

「オミカレ」は都道府県別に年代、職業など条件別に検索可能で、参加体験談など事前に口コミ情報を知ることもでき、素敵な出会いをサポートします。

また、オミカレでは安心して婚活パーティーに参加してもらうために、3万件以上のイベント情報を当社独自の審査基準を満たした「真剣な婚活・お見合いパーティー情報」のみを掲載しております。

2016年12月15日にリクルートブライダル総研が発表した「少子化課題における解決優先度に関するレポート」によると、2015年の婚姻者のうち8.3%が婚活サービスで相手を見つけています。(2000年:1.4%、13年より急増)。

[画像3: リンク ]

※参照:「少子化課題における解決優先度に関するレポート」

また『少子化という社会課題では、意欲のある人において「出会いの欠如」を解決することの効果が大きく、優先度が高い。より多くの資源を投下しサポートしていくことが重要』と訴えており、現在恋人がいない人の中で「恋人ほしい層」は推定約847万人とのことです。
[画像4: リンク ]

※参照:「少子化課題における解決優先度に関するレポート」


[画像5: リンク ]

※参照:「少子化課題における解決優先度に関するレポート」

婚活パーティーは、「知人に紹介を依頼」「結婚相談所」「婚活サイト・アプリ」に次いで実際に結婚できた人の割合が高く、婚活の最初の一歩として最適です。日本が世界中のどこの国も経験した事のない少子高齢化社会に変容していく中で、「オミカレ」が婚活というテーマにおいて貢献できる領域は益々拡大していくと考えています。

「良きご縁」のきかっけを作る行動支援型メディアを基盤に、これからも多くの方に幸せをもたらすサービスを開発し続けていきます。

【株式会社オミカレ 会社概要】
会社名 :株式会社オミカレ
所在地 :東京都渋谷区渋谷3丁目16-5 SHOKAIビル 4F
代表者 :代表取締役 羽場誠
業務内容:婚活メディア運営 婚活事業社支援サービス開発
HP : リンク

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社オミカレ 広報担当メールアドレス:support@party-calendar.net

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事