logo

Thrill Jockeyよりニューアルバムを発表したばかりの"Emptyset"が3年ぶりに来日!

株式会社グローバル・ハーツ 2017年05月21日 11時11分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

[動画: リンク ]



エレクトロニック・ミュージックシーンにおいて絶対的な信用を得るレーベル、Raster-NotonやSubtextなどからアルバムをリリースし、2017年にはThrill Jockeyよりニューアルバムを発表したばかりのEmptysetが、3年ぶりの来日を果たす。
国内からは、海外でも精力的に活動するENAとWata Igarashiに、Black Smoker Records主宰のKiller-Bongがライブで出演する。
============================================================
6月9日(金)”dB #02”
Open 10PM
Door ¥3500, w/f ¥3000, GH S members ¥2500, Under 23 ¥2000, Before 11PM ¥1000
リンク
-----------------------------------------------------------
Studio:
Emptyset (Raster-Noton | Thrill Jockey | DE, UK) – Live
ENA (7even | Samurai Horo) – Live
YPY (Nous | goat) – Live
Yousuke Yukimatsu (Zone Unknown)
Daire Carolan (Jheri Tracks | First Second Label)

Contact: -Mantle Take over-
Killer-Bong – Live
Wata Igarashi (Midgar | The Bunker NY)
Nao (rural | addictedloop)
White Gasoline
Beef
============================================================
[画像2: リンク ]



リンク

2005年にJames GinzburgとPaul Purgasにより結成された、Emptyset。音に文通する建築、パフォーマンス、あらゆるフィジカルなプロダクションを作り上げるプロジェクト。”raster-noton”からアルバム「Recur」とEP「Collapsed」をリリースし、 “Subtext”からヴィジュアルなどを含めた「Signal」と「Medium」のライブレコーディングもリリースされた。2017年には “Thrill Jockey”から最新アルバム「Borders」のリリースを果たした。CTM/Transmediale、Unsound、Ruhrtriennale、Kunsthalle Zurich、Sonic Actsなど様々なヴェニューやイベント・フェスティバルにてライブパフォーマンスをこなしてきた他、Spike Island、Tate BritainやArchitecture Foundationにてインスタレーションを行い、幅広くマルチに活動をしている。
[画像3: リンク ]

ダンスミュージックから派生した独自な音楽の評価が高く、ジャンルを問わないトップDJからのサポートを受け、Resident Advisorのポッドキャストに自身の曲を中心としたミックスを提供。
SamuraiHoro(ベルリン)を中心に様々なヨーロッパのレーベルから作品をリリースを重ねると同時に、楽曲のクオリティの高さからミキシング/マスタリングの評価も高く、様々な作品にエンジニアリングでも参加。定期的にヨーロッパツアーも行っている。
===============================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
リンク
You must be 20 and over with ID.
※Contactご来場のお客様には会員登録をお願いしております

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事