logo

GRANDIT AWARD 2016を発表

GRANDIT株式会社 2017年05月19日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017/5/19

GRANDIT株式会社

“GRANDIT AWARD 2016”を発表
~完全Web-ERP「GRANDIT」を支えるパートナー企業を表彰し、
お客様へのより一層の貢献を目指す~

 GRANDIT株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 石川 研一、以下GRANDIT社)は、5月18日に開催した「GRANDITコンソーシアム パートナー会」に於いて、GRANDIT事業の発展に大きく貢献したパートナー企業を表彰する「GRANDIT AWARD 2016」を発表いたしました。

 GRANDIT社は、毎年「GRANDIT AWARD」として、GRANDIT事業に最も貢献したプライムパートナー注1やビジネスパートナー注2を選定、表彰しており、2016年度に最も貢献したプライムパートナーに授与される“Prime Partner of the year”には、株式会社システムインテグレータが、最も貢献したビジネスパートナーに授与される“Business Partner of the year”には、株式会社インフォセンスが輝きました。
 また、“Solution of the Year”として、AJS株式会社、ベニックソリューション株式会社の2社が、“Consortium Contribution of the Year”として、株式会社システムインテグレータが表彰されました。

 加えて、「GRANDITコンソーシアム パートナー会」では、GRANDIT社 代表取締役社長 石川 研一が「GRANDIT 2017年度へ向けた展望」を発表。今後も「GRANDIT」を通じてお客様の多彩なニーズに応えていくため、参加者一同が決意を新たに協力していくことを確認しました。

各AWARDの受賞パートナーについては以下の通りです。
■Prime Partner of the Year
GRANDIT事業に最も大きく貢献したプライムパートナー
・株式会社システムインテグレータ
■Business Partner of the Year
GRANDIT事業に最も大きく貢献したビジネスパートナー
・株式会社インフォセンス
■Solution of the Year
アドオンモジュールやテンプレート注3、サービスの提供や認知によりGRANDIT事業に大きく貢献したパートナー
・対象:大規模データ顧客向け パフォーマンス対応モデルの構築 / AJS株式会社
・対象:e-文書法のスキャナ保存規制緩和に伴う電子保存ソリューションの提供 / ベニックソリューション株式会社
■Consortium Contribution of the Year
GRANDITコンソーシアム活動全般に大きく貢献したパートナー
・対象:技術者育成カリキュラム作成とパートナー向け合同勉強会開催 / 株式会社システムインテグレータ
                                        以上

■完全Web-ERP「GRANDIT」について
「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成したWeb-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成されています。BI(ビジネスインテリジェンス)注4、EC、ワークフロー等を標準搭載し、多言語、多通貨、マルチカンパニー機能などにより、海外拠点での利用も容易となり、海外グループ拠点を含めた情報のリアルタイム連携を実現することで、企業のグループ展開を支援します。

■GRANDITコンソーシアムについて
GRANDITコンソーシアムは、顧客視点に立ち、日本企業に最も適し、最新技術基盤を採用したERPパッケージソフトを開発するために2003年10月に設立されました。製品完成後も製品とサービスの絶え間ない成長をめざし、定期的な活動を続けております。
プライムパートナーは、インフォコム、AJS、NECネクサソリューションズ、NTTコムウェア、オージス総研、システムインテグレータ、シナプスイノベーション、双日システムズ、DACS、東洋紡システムクリエート、日鉄日立システムエンジニアリング、パナソニック インフォメーションシステムズ、ベニックソリューション、ミロク情報サービス(以上50音順)の14社で構成され、ビジネスパートナーを加えて56社(2017年4月現在)となっております。
プライムパートナー一覧:リンク
ビジネスパートナー一覧:リンク

■GRANDIT株式会社について
GRANDIT社は、GRANDITコンソーシアムの運営を行い、コンソーシアム各社に蓄積されたノウハウやお客様の声を「GRANDIT」の製品開発に反映しています。また、「GRANDIT」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト維持管理、保守及び導入支援を行っております。
<会社概要>
・商号 GRANDIT株式会社
・住所 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル
・URL リンク

■注釈について
注1 プライムパートナー
 GRANDITコンソーシアムメンバー企業。
注2 ビジネスパートナー
 コンソーシアムメンバーと協力して「GRANDIT」の販売とインテグレーションを担当するパートナーのこと。
注3 アドオンモジュール・テンプレート
 アドオンモジュール:「GRANDIT」本体の機能を補完する独立したモジュール。
テンプレート:「GRANDIT」のパラメータや業務ロジックを特定業種向けに予め設定したもの。
注4 BI
 Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の略。
 企業の蓄積されたデータを活用し、経営に寄与する意思決定の支援を行う、データの収集・分類・分析・アクセス方法などを提供するソフトウェアのこと。

【本ニュースリリースに関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
■GRANDIT株式会社
事業推進ユニット
TEL: 03-6866-3910  FAX: 03-6866-3920
E-mail:grandit@grandit.jp

※「GRANDIT」は、GRANDIT株式会社の登録商標です。
※その他、記載している会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事