logo

大阪いずみ市民生協は、2017年6月からコープのタブレットの販売を開始します。組合員向け通信付きタブレット端末の利用サービスです。

大阪いずみ市民生活協同組合 2017年05月17日 13時00分
From DreamNews

2017年6月から販売を開始する「コープのタブレット」の申込受付は、5月15日よりスタートしました。
*2017年度末に20,000台の販売をめざします。

1.「コープのタブレット」について
(1) インターネットの利用拡大により宅配事業の注文をより便利にします。
 インターネットの活用で、個人に適した商品提案も可能になります。
(2) 生協からの情報提供力を高め、組合員サービスの向上を図ります。
 インターネットの活用で、個人に適したより細やかな情報提供も可能になります。
(3) 組合員への限定サービスとして、低価格で手軽なインターネット環境を提供します。
 低価格で通信付きタブレット端末を提供することで、組合員はどなたでも手軽にインターネットを利用していただけます。工事不要で、届いてすぐにご利用いただけます。
(4) これまで利用できなかった組合員層にインターネットを利用してもらうことで、より豊かなくらしへの貢献をめざします。
 初めての方でも簡単に使える専用ホームアプリを搭載、利用方法に関する専用お問い合わせ窓口の設置(無料)、タブレット使い方学習会(無料)の開催などにより、インターネットが得意でない組合員さんにも、使える環境づくりをすすめ、くらしを豊かにするツールとして積極的に活用します。


2.販売価格
月額 1,680円 LTE回線 7GBデータ通信付き
●端末は36回の割賦販売ですが、利用期間中は毎月端末相当額を値引きします。
●3年間継続してご利用いただくことで端末代金は実質無料です。
●故障や水没などの破損時にも利用期間中は無償で修理対応します。
●生協の利用に応じて、最大毎月500ポイントの利用ポイントを付与します。

3.タブレット(2種類)
●8インチ
●10インチ
いずみ市民生協がMVNO(仮想移動体通信事業者)となり、(株)KDDIより提供を受けた通信回線およびタブレット端末を組合員だけへのサービスとして販売します。
タブレット端末は、auのQua Tab PX(8インチ)、Qua Tab PZ(10インチ)の2種類から選んでいただけます(販売価格は同じ)。

4.専用のホームアプリ(くらしのアプリ)について
 スマホやタブレット端末などを初めて利用される組合員さんでも簡単に利用いただけることを目的に開発したホームアプリです。音声を中心にインターネット検索できたり、お住まいの市町村の情報に簡単にアクセスできたり、近くにあるお店や病院などの施設を簡単に検索、カメラアプリへのアクセスも簡単にできます。

*いずみ市民生協のホームページにて、資料請求の方法やQ&Aなどがご覧いただけます。
   リンク

■大阪いずみ市民生活協同組合の概要
 (設立)1974年 (2016年度事業高)875億円 (組合員数)51万人
 (主な事業)宅配事業・店舗事業・保障事業・福祉事業・エネルギー通信事業
 (本部所在地)大阪府堺市堺区南花田口町2-2-15
 (理事長)藤井 克裕(ふじいかつひろ)

大阪府下東大阪市以南25市町村を活動エリアとする大阪府下最大の消費生活協同組合です。2016年4月より電気小売事業「コープでんき」、2016年11月よりコープLPガス、2017年4月より都市ガスの小売自由化を受けてコープガスの取次事業に参入しました。

【本件にかかわるお問い合わせ先】 大阪いずみ市民生協 広報担当 高野(たかの) 072-232-5100


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。