logo

富士ゼロックスとfreee社 提携、中小・中堅企業の経理業務プロセス効率化による働き方改革を支援

富士ゼロックス株式会社 2017年05月17日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

5月17日

富士ゼロックス株式会社

「Smart Work Gateway」を構成するソリューションをfreee社と提供、中小・中堅企業の経理業務プロセス効率化による働き方改革を支援

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、企業の働き方改革を支援する当社のコンセプト「Smart Work Gateway(スマートワークゲートウェイ) リンク」に基づき、クラウド会計ソフトを提供するリーディング企業freee株式会社(本社:東京都品川区、社長:佐々木 大輔、以下freee社)と提携、中小・中堅企業の経理業務プロセスの効率化を実現します。

中小・中堅企業の経理業務では、現場部門が入力した領収書清算時の支払い金額などの数値情報を経理部門が会計ソフトに入力し直すことによる重複作業や、経理から取引担当者へ支払内容や用途の問い合わせ作業など、前工程と後工程の分断による非効率が発生しています。また、経理処理にはさまざまな関連証憑が発生するため、紙での文書の受け渡しや保管などの業務の効率化が課題となっています。加えて、日常的に発生する紙の証憑を電子化する仕組みも不足しており、効率化が求められています。

富士ゼロックスは、freee社の「クラウド会計ソフトfreee リンク」と当社複合機*1が連携し、証憑の電子化を効率化する「Cloud Service Hub for freee リンク」と、前処理にあたる証憑の受け渡しを効率化する「経理業務支援ソリューション for freee リンク」を開発、販売を開始しました。また、「クラウド会計ソフトfreee」の販売も開始することで、お客様にワンストップで経理業務全般を改善するソリューションを提供します。

全国に強固な顧客基盤を持つ当社と、中小企業向けクラウド会計ソフトで1位のシェア*2を持ち、今後さらに中堅市場へ事業領域の拡大を目指すfreee社が協業することで、より多くの中小・中堅企業へソリューション提供を拡大します。業務効率化を通じて柔軟な働き方を実現、社会課題となっている働き方改革を支援します。

Cloud Service Hub for freee
「Cloud Service Hub for freee リンク」は、当社の複合機*1でスキャンした領収書などのデータを「クラウド会計ソフトfreee」へ一括で格納するクラウドサービスです。
非定型サイズの領収書を複合機の読み取りガラスに複数枚並べ、一括スキャンすることで、読み込んだ領収書データを複合機が自動的に分割したり、正しい向きに回転させます。また、当社複合機の自動原稿送り装置を使うことで定形サイズの経理関連証憑を高速スキャンし、証憑電子化の業務を効率化します。

経理業務支援ソリューション for freee
「経理業務支援ソリューション for freee リンク」は、経理処理の前に発生する、上司や経理担当者への紙による承認申請処理などの受け渡し業務を効率化するソリューションです。
電子化が進む経理業務の中でも、捺印が必要とされる申請書類や取引先から受け取った関連証憑といった紙が存在し、その受け渡しや保管の効率化が求められています。当社のドキュメントハンドリングソフトウェアDocuWorksを活用した紙文書の電子化により、経理前処理における文書受け渡しを効率化し、情報伝達のリードタイムを短縮します。

クラウド会計ソフト freee
帳簿作成や決算書作成の自動化など、中小企業の会計業務全般を支援するクラウド型ソフトウェアです。請求書作成や入出金管理、経費精算まで、「クラウド会計ソフトfreee リンク」で行うことができます。また、クラウドサービスの利点として複数拠点の数字をリアルタイムに把握でき、多彩なレポート機能により、経営判断のスピードアップに貢献します。改正電子帳簿保存法にも対応しており、領収書や請求書をスキャナーで電子化しfreeeに取り込むことで、大量の証憑もクラウドで簡単に管理が可能、煩雑な紙書類の受け渡しをなくし、経理業務を大きく効率化できます。

*1 当ソリューションの対象機種については富士ゼロックス公式ホームページ リンクをご覧ください
*2 デジタルインファクト社調べ リンク


<Smart Work Gatewayとは>
一人ひとりが高いパフォーマンスを発揮できる多様な働き方を可能にし、オフィスワークを新たなステージへ導く富士ゼロックスのコンセプトです。
仕事上の責任を果たしつつ、個人や家族のライフステージに応じた柔軟な働き方を可能とし、仕事と生活の調和をはかるワーク・ライフ・バランス実現のための、働き方改革への取り組みが企業に求められています。クラウド、モバイルなど、ICT技術革新が著しく進む昨今において、増え続ける情報のなかから必要な情報を「いつでも」「どこでも」「必要な形で」、効率的に活用することが、業務プロセスの生産性向上のキーとなると当社は考えます。
「Smart Work Gateway」コンセプトでは、業務プロセスや働き方に変革を求めるお客様の声を反映するため、自社の複合機やサービスに加え、さまざまな他社ビジネスクラウドサービスと連携します。また、パートナー連携を容易にし、クラウド利用を推進するため、新たに開発したCloud Service Hubを進化させ、仕事の生産性を高める環境を実現します。


freee株式会社について
「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事