logo

AVR-X2400H / AVR-X1400H プリアンプ回路、ボリューム回路を一新して定評のサウンドクオリティをさらに向上

株式会社ディーアンドエムホールディングス 2017年05月17日 10時00分
From PR TIMES

デノンは、HEOSテクノロジー搭載 7.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X2400H」、「AVR-X1400H」を2017年6月中旬に発売いたします。



[画像: リンク ]

AVR-X2400H、AVR-X1400Hは、3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。立体音響再生のクオリティを最大限に引き出すために、パワーアンプに全チャンネル同一のディスクリート構成を採用し、チャンネルごとの音質差を排除しています。両モデルとも7chアンプを搭載しており、最大出力はAVR-X2400Hが185W、AVR-X1400Hが175W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)となります。トップスピーカーやハイトスピーカー、またはドルビーイネーブルドスピーカーを用いる5.1.2ch構成およびサラウンドバックスピーカーを用いる標準的な7.1ch構成に対応しています。
HDMI端子はクラス最多の8入力/2出力(AVR-X2400H)、6入力/1出力(AVR-X1400H)を装備。全端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.2」、そして従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーに対応しています。映像のダイナミックレンジを拡張するHDR(High Dynamic Range)については「HDR10」、「Dolby Vision」、「Hybrid Log-Gamma(ファームウェアアップデートにより対応予定)」の3方式をサポートしているため、Ultra HDブルーレイやストリーミング配信、テレビ放送など幅広いソースでHDR映像を楽しむことができます。
2017年5月17日
AVR-X2400H、AVR-X1400Hは、Hi-FiコンポーネントおよびハイエンドAVアンプを開発する中でデノンが培ってきたディスクリート・パワーアンプやダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションなどの技術、ノウハウを受け継ぐとともに、最新世代の32bit プレミアムD/Aコンバーターの採用、プリアンプ回路とボリューム回路の刷新により、欧州のEISAアワードをはじめ国内外で絶賛されたサウンドクオリティをさらに向上させました。
ネットワークオーディオ機能には新たにHEOSテクノロジーを投入し、AWAやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応。セットアップと操作をより快適にするHEOSアプリにも対応しました。また「HEOS 1」、「HEOS 3」などのHEOSスピーカーをシステムに追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築することができます。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCMに対応しています。さらに、インターネットラジオ、AirPlay、Bluetooth(R)など様々な音楽コンテンツを楽しむための機能も充実しています。
スマートフォン、タブレットでAVレシーバーの操作と設定ができる「Denon 2016 AVR Remote」にも対応。Wi-Fiは2.4/5GHzのデュアルバンドおよびIEEE 802.11 a/b/g/nに対応しており高速かつ安定した通信が可能です。FM/AMチューナーは、FM補完放送「ワイドFM」にも対応。また、誰でも簡単に初期設定ができるようにガイドする「セットアップアシスタント」や日本語GUIもアップデートし、使いやすさに磨きをかけています。


デノンについて
2010年10月1日に100周年を迎えたデノンは、日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用 録音機器製造会社を起源とするプレミアムオーディオブランドです。世界初のデジタルPCMレコーダーを実用化 するなど、革新的な技術力と開発力は、世界中から高い評価を得ています。2001年からはその呼称を 「デンオン」から「デノン」に統一し、グローバルブランドとしてさらにその活躍の場を広げています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事