logo

世界130以上の国と地域で大ヒット!! メキシコ発ミステリードラマ「秘密のホテル」が、遂に日本上陸!!

HJホールディングス株式会社 2017年05月16日 18時16分
From PR TIMES

明日17日(水) 昼 12:00 Huluにて愛と陰謀うずまくホテルの扉が開く―



[画像1: リンク ]


この度、メキシコ発の大ヒットミステリードラマ「秘密のホテル」シーズン1が、5月17日(水)昼12時より動画配信サービスHuluにて独占配信致します。

第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプが、「メキシコとの国境に壁を築く」と宣言し、全世界から注目を浴びたメキシコ。2015年公開の『ボーダーライン』や、最近公開したばかりの『ノー・エスケープ 自由への国境』は、まさに危険なイメージのメキシコを舞台にした作品だ。このように映画の舞台となることも多いメキシコだが、『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『レヴェナント: 蘇えりし者』で2年連続アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、『リアリティのダンス』のアレハンドロ・ホドロフスキーなど、世界で活躍する映画監督を多く輩出する。

そんなエンタメ業界も大注目のメキシコ発、期待のミステリードラマ「秘密のホテル」は、2011年にスペインで放送されたドラマ「グランド・ホテル」をメキシコがリメイク。2016年に放送がスタートすると、ヨーロッパ、アフリカ、アジアに渡る130以上の国と地域で放送され、世界的大ヒットを記録している。衣装制作には250人が参加、計13,000点以上のものが制作され、20世紀初頭の貴族たちのエレガントでクラシカルな世界感を見事に再現。また、本作のもう一つの主人公とも言えるミステリアスな“グラン・ホテル”。エントランスの前に広がる庭園と、長い石段を構える優美なホテルの正面玄関は、かつて悪名高き精神病院として実際に建設された「La Castaneda」が利用されるなど、細部にまでこだわりぬいた豪奢な本格的ミステリーです。

[画像2: リンク ]


[ストーリー]
1908年、プエブラ行きの最終列車を待つ駅のホーム。フリオは突然音信不通となった双子の妹クリスティーナの行方を捜すため、彼女がメイドとして働いていたグラン・ホテルに向かおうとしていた。その駅のホームで一際美しい女性イサベルに目を奪われたフリオは、同じ列車に乗った彼女に近づき、身分を偽って話しかける。うたた寝をする彼女に別れを告げ、目的地であるグラン・ホテルに着いたフリオは、クリスティーナの手紙に“一番の親友”と書かれていた接客係のアンドレスを見つけ問いただすも、「何も言わずに消えた」と意味深に話す。そのアンドレスの手助けで、フリオは新人の接客係としてホテルに潜り込むことに成功し、クリスティーナの行方を捜すことに。そこでフリオは、列車の中で出会ったイサベルの姿を見かける…。そんな中、ホテルのオーナーであるテレサは、夫亡き後しばらく空席となっていた総支配人を決めるため子供たちを呼び集め、盛大な宴を準備していた。借金まみれのホテルを救う唯一の方法は、夫の右腕として手腕を発揮していたディエゴを総支配人にするしかない。ディエゴと娘のイサベルを結婚させ、イサべルに彼を操らせる目論見だ。イサベルは母の願いを聞き入れ、その宴で婚約発表をするのであった…。クリスティーナが使用していた部屋で手がかりを探すフリオは、べッド下の壁穴に隠されていた日記と出されることのなかった数通の手紙を見つける。さらに、ある日の夜、血のついたクリスティーナの制服が、調理場の釜の中で焼かれているところを発見する。次々と見つかる不穏な手がかり、果たしてクリスティーナの行方は?そして、クリスティーナが握っていた大きな秘密とは何なのか―?豪奢なホテルをめぐる愛と陰謀にまみれた極上のミステリーが、いま始まるー。

[画像3: リンク ]


監督:フランシスコ・フランコ・アルバ、アナ・ロレーナ・ペレス・リオス 
製作総指揮:エロベルト・ゴメス・フェルナンデス

出演:エリック・イライアス、イレーネ・アスエラ、ディアナ・ブラチョ、ドミニカ・パレタ、アレハンドロ・デ・ラ・マドリッド、パブロ・クルーズ他

英題:SECRETS AT THE HOTEL  原題:El Hotel de los Secretos
コピーライト:D.R.(C)Televisa, S.A. de C.V.2016

後援:メキシコ大使館商務部 - PROMEXICO JAPAN 

5月17日(水) 昼12時から独占配信スタート!初回3話配信、以降毎週水曜日に1話ずつ追加配信予定

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事