logo

IoTやデータサイエンスなど最新技術動向の知識を学べる動画講座、6月15日提供開始

株式会社ネットラーニング 2017年05月16日 13時40分
From PR TIMES

eラーニング最大手のネットラーニングは、IoTやデータサイエンスなどの最新技術動向に関する知識を2時間で学べる動画講座「W³(ダブリュースリー)シリーズ」を6月15日より提供開始



eラーニング最大手の株式会社ネットラーニング(代表取締役:岸田 徹、本社:東京都新宿区)[※1] は、IoTやデータサイエンスなど最新技術動向に関する知識を、2時間で学べる動画講座「W³(ダブリュースリー)シリーズ」[※2]の提供を6月15日より開始します。

[画像: リンク ]

        図.「W³シリーズ」のプロモーション動画

近年急激に加速する人工知能やIoT、ロボットなどの技術動向について、ネットや雑誌で取り上げられることが多くなりましたが、次々に技術が進歩していく中、それを拾い読みして理解するだけでも大変な労力が必要となっています。また、知っている人に少しだけ聞けばすむのに、近くに聞ける人がいなくて困るという声も多数寄せられています。

このような実情を踏まえ、最新技術動向を各分野トップクラスの講師から短時間で手軽に学習できる「W³シリーズ」を提供することとなりました。トップクラスの講師だからこそポイントをわかりやすく伝えることができ、IT業界の方はもちろん、技術に関わっていない方でも話題のIoTとはなにか、ビジネスとどう結びつくのかなど、短時間で効率的に学ぶことができます。

W³シリーズの講座はPCはもちろん、スマートフォンやタブレット端末などにも対応していますので、スキマ時間や通勤時間などに場所を選ばず学習することが可能です。

■ホームページ
リンク

■プロモーションビデオ
リンク
[動画: リンク ]



■W³シリーズの特長
1.各分野のトップクラス講師から短時間で学べる最新技術動向
2時間という短時間の動画講義で、ビジネスチャンスとなる技術知識を身につけることができる

2.効果的・効率的な学習設計
動画レッスンの後にテストや演習が設けられており、理解度や定着度を確認しながら能動的に学習を進められる設計

3.マルチデバイス対応
PCはもちろん、スマートフォン、タブレット端末に対応しているため、スキマ時間や通勤時間など時間・場所・デバイスを自由に選んで学習可能


[※1] 株式会社ネットラーニングについて
4,615社(校)、のべ3,572万人のユーザを持つ国内最大手のeラーニング会社です。eラーニングを活用した人材育成・研修トータルソリューションをワンストップで提供しています。コース開発では6,114講座の自社開発実績を持ち、システムやコンテンツの提供にとどまらず、「教育・研修サービス会社」として教育効果を最大化するため、多数の導入実績に基づいたラーニング・デザインや人による運営サポートを取り入れ、高い満足度と平均修了率90%以上を実現しています。(数値は2017年4月末現在)
◆ネットラーニングホームページ リンク

[※2]W³シリーズについて
W³(ダブリュースリー)シリーズは最新技術動向を動画で効率よく学習できるシリーズです。「Who learns/What/from Whom」をコンセプトとしており、コースごとに受講対象者を明確にし、最適な内容・講師をそろえることを意味しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。