logo

今、“薩摩(さつま)錫器(すずき)”が人気!横浜高島屋にて、薩摩錫器を展示販売中!

株式会社高島屋 2017年05月12日 18時41分
From Digital PR Platform


“薩摩錫器”は、江戸時代に錫鉱山が発見され、
島津光久公が幕府から採掘許可を得たことに始まる
薩摩藩ゆかりのものです。

錫器は、古くは、薬種の容器として使われていましたが、
庶民の日用品にまで広がったのは明治時代以降のことです。
細かな削りや磨きによって、やわらかく上品な光沢感、
そして温かみと華やかさが生まれます。
また、熱伝導率が高いことから保冷・保温性ともに優れています。
この錫器がいま、若い方にも注目されています!
クールでスタイリッシュで、SNS映えするところも人気の理由です。
ピンク、ブルー、ブラックの漆で色づけをした個性的なものもあります。

これからの季節、300年の歴史に思いを馳せながら、
“薩摩錫器”でビールやスパークリングワイン、冷酒、アイスコーヒー、
冷たいお茶まで楽しみませんか?

※このほかに、干支の置物や茶器、茶筒、箸置きなどがございます。
いずれも人気商品のため、品薄・品切れとなっている場合もございます。

■2017年5月10日(水)~5月16日(火)
連日午前10時~午後8時。最終日は午後5時まで。
■横浜高島屋 7階 特選和食器売場

問い合わせ先:横浜高島屋 045-311-5111(代)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事