logo

中国国内外の巨匠がWater Rhyme Jiangsuに参集、ホリスティックツーリズムを写真で紹介

Committee of Water Rhyme Jiangsu - Holistic Tourism International Photography C 2017年05月12日 15時49分
From 共同通信PRワイヤー

中国国内外の巨匠がWater Rhyme Jiangsuに参集、ホリスティックツーリズムを写真で紹介

AsiaNet 68484 (0703)

【揚州(中国)2017年5月12日新華社=共同通信JBN】
*Water Rhyme Jiangsu:Holistic Tourism International Photography Competition(ホリスティックツーリズム国際写真コンテスト)開催

Water Rhyme Jiangsu:Holistic Tourism International Photography Competition(ホリスティックツーリズム国際写真コンテスト)に関する記者会見が 5月4日、江蘇省揚州で行われた。このコンテストは新華社通信インフォメーションセンターの権威ある全メディア対応のプラットフォームと専門的なコミュニケーションチームによって実現するもので、傘下の紙メディア・携帯端末メディア・屋外大型スクリーン・その他のプラットフォームがコンテストの全過程をカバーし、江蘇省の観光イメージの「社会現象レベルの伝達」の達成を目指す。

このコンテストには4つの焦点がある。まず、国際的視点であること。コンテストは世界中の写真作品を対象とする。次に、ホリスティックツーリズムである。江蘇省の地域観光の景観、民俗文化、慣習、特産品、地域の祭などをテーマとした写真作品が世界中からコンテストに集まる。第3には、複数視点であること。コンテストはカメラ、携帯電話、UAV(無人航空機、ドローン)の3つの大きな部門で構成される。最後に、景観地に深く踏み込むこと。中国国内外の写真家が同行して江蘇省13の県・市内の観光名所をめぐるツアーが4月中旬から催行中である。

コンテストは審査員も強力なラインナップで、米紙Oregonianの上級写真エディターのベンジャミン・ブリンク氏、スペイン人フォトグラファーのカルロス・スポットルノ氏、中国撮影家協会のチュー・シャンミン顧問、江蘇省撮影家協会のワン・ダジュン副主席、江蘇省撮影家協会のシェン・ヤオ主席ら写真専門家が審査員に名を連ねる。コンテストの応募期間は2017年5月から9月までで、公式サイト(www.shuiyunjiangsu.com )または公式WeChat(Water Charm Jiangsu Holistic Tourism)でコンテストの状況を随時確認できる。入賞作品は世界中で展示される予定でニューヨークのタイムズスクエアの巨大スクリーンや新華社通信のパリ・ギャラリーを飾る可能性もある。

詳細はwww.shuiyunjiangsu.com を参照またはwonderful_js@163.com へメールを。

ソース:Committee of Water Rhyme Jiangsu - Holistic Tourism International Photography Competition


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。