logo

KERUI PETROLEUMがHouston OTC 2017で石油・ガス産業向け新エコシステムを提起

Kerui Group 2017年05月12日 14時57分
From 共同通信PRワイヤー

KERUI PETROLEUMがHouston OTC 2017で石油・ガス産業向け新エコシステムを提起

AsiaNet 68526 (0702)

【ヒューストン(米テキサス州)2017年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】KERUIは、今年5月1日-4日米テキサス州ヒューストンで開催された世界最大のオフショア技術イベントの1つであるOffshore Technology Conference(OTC、オフショア技術会議)で、いくつかの新製品を展示紹介した。KERUIの同イベントへの参加では、生産現場で活動するエネルギー企業との対話構築に重点が置かれた。これらの企業の大半は、石油、ガス、エネルギー産業にとって革新的で有益なものとなるKERUIの新エコシステムに関心を示した。

この展示会でKERUI PETROLEUMは、北米で強い需要のある製品であるマッドライン・サスペンションシステム(mudline suspension systems)、多段式破砕システム(multistage fracturing systems)、FalconViewブランドの坑口装置を展示した。会議期間中、関心のあるバイヤーは、ブースに設置されたVRインタラクティブ技術を通じてKERUIの製品とサービスをより十分に理解する機会を持った。WEFIC(R)(MSW-I)マッドライン・サスペンションシステムの設計と製造は、API 6A、17DとNACE基準に準拠しており、最大150メートル(450フィート)の水深と最大15,000psiの圧力で使用可能である。この気密式多目的システムは安全であり、一定期間無人で放置でき、バイヤーに海洋石油・ガス探査および掘削装置のための最適な価格対品質比ソリューションを提供する。

KERUI PETROLEUMは国際的な石油・ガス資源の統合に成功し、この新たな構築は、製品、技術、サービス、人的資源、ファイナンスをカバーする石油・ガス産業のための相互接続されたエコシステムである。

このエコシステムは、インターネットで提供される双方向性の利点を生産チェーンのあらゆる段階で活用し、石油装置・機器産業向けのクロスボーダーのeビジネス・プラットフォームを創造する。KERUI PETROLEUMの一部であるERUI InternationalとVictor International Institute of Petroleum Training(VIPT)は共同して努力して、世界の石油機器部門を最適化する計画をリセットし、業界全体にわたる人的資源サービスプラットフォームと、エンジニアリングおよび技術に特化したシンクタンクを構築する。

このエコシステムは、ビッグデータとクラウド技術を石油・ガスのエンジニアリング技術に適用し、部門全体の休眠資産のためのオンライン取引プラットフォームを構築する。それは、遊休の余剰能力が特定され、利害関係者との取引を通じて利用できるか、またはその資産が当事者とアウトライトに取り引きされることが可能な場合に、プロフェッショナルなワンストップ・サービスを提供する。このプラットフォームにはまた、金融リソースへのアクセスを特定する金融コンポーネントと、投資および融資のニーズに対応するためのリソース保有者と接触するメカニズムも含まれている。

KERUI PETROLEUMは、2011年に米国で、その後カナダとメキシコで事業を構築、北米全体のすべての市場をカバーするネットワークを作り上げた。同時に同社は米国で、Falconview Energy Products LLC とEscalate Oil Tools LLCの2つの会社を設立、坑口用と坑内用のツールと機器を開発、製造した。この2社は北米市場のバイヤーの需要に応え、米国の基準に準拠した製品を供給するとともに、地元にプレゼンスを持つことにより、持続可能な水準の質の高いサービスと迅速な配送を提供している。

石油・ガス・エネルギー産業向けの新しいエコシステムの導入により、KERUI PETROLEUMとそのパートナーは協力して、この産業部門全体で起きている新たな展開にタイムリーに対応し、ウィンウィンの関係を構築している。KERUI PETROLEUMは、エネルギー産業の新エコシステムへの参加を望む石油・ガス部門にプレゼンスを持つすべての企業を歓迎する。

Photo - リンク
(写真説明:KERUI PETROLEUMのブースで提携を模索する将来の顧客たち)

ソース:Kerui Group


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。