logo

投信ロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」の提供を開始

楽天証券 2017年05月11日 16時00分
From PR TIMES

‐2400本の中からお客様にぴったりなファンドを厳選‐

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2017年5月27日(予定)より、投資信託において、スマートフォン専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」の提供を開始しますのでお知らせします。



「ロボのぶくん」は、簡単な質問に答えるだけで、2400本を超える投資信託の中からお客様にぴったりな投資信託を提示する投資アドバイス型のサービスです。楽天証券では、初めての投資商品として投資信託を選ばれるお客様が増加しており、若年層・投資初心者向けのコンテンツを増やし、サイトのリニューアルを継続して行っております。また、投資信託を購入したお客様の45%※がスマートフォンからログインしているという状況を踏まえ、投資初心者のお客様でも、気軽に操作し、銘柄選択のサポートをしてくれるスマートフォン専用の「ロボのぶくん」の導入を決定しました。

「ロボのぶくん」の導入と同時に、スマートフォン版の投資信託サイトの大幅リニューアルを行い、投資信託の取引に特化した画面構成へバージョンアップします。

楽天証券では、既にサービスを開始している投資一任型のロボ・アドバイザー「楽ラップ」に続き、今回、投資信託においてロボ・アドバイザーサービスをご利用いただけるようになります。今後も、若年層や投資未経験の方に資産形成の一歩を踏み出すきっかけとなる投資支援サービスの拡充を継続して行ってまいります。

※2017年3月末時点 弊社調べ

[画像: リンク ]


【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事