logo

ThreatMetrixの最新調査が中国はアジア太平洋地域でトップのサイバー犯罪の場と分析

ThreatMetrix 2017年05月11日 16時16分
From 共同通信PRワイヤー

ThreatMetrixの最新調査が中国はアジア太平洋地域でトップのサイバー犯罪の場と分析

AsiaNet 68514 (0698)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2017年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界のサイバー犯罪攻撃は過去4半期で35%増。サイバー犯罪者は中国の複雑なクロスボーダー環境を標的に

ThreatMetrix(R)による最新データ、The Digital Identity Company(R)によると、過去四半期に中国での攻撃レベルが極めてエスカレートしていることが明らかになった。中国は、不正行為として取引が拒否される率がアジア太平洋地域全体で最も高くなっている。これはグローバルな企業が、厳しいオンライン規制によって課せられる複雑さにもかかわらず、中国国内市場をますますターゲットにし始めていることに起因している。

ThreatMetrixのオペレーション担当上級副社長のパスカル・ポドビン氏は「グローバル企業は中国における独自の不正行為防止の難題に直面している。まっとうな消費者でも、ウェブ規制を回避するために脱獄機器を所有したり、プロキシを使用したりするなど従来詐欺師が関わってきたような行動を展開している。企業は中国からの国境を越えた取引を受け入れる際には、急増するサイバー犯罪に脆弱にならないように、こうした複雑さを考慮に入れねばならない」と述べている。

アジア地域全体でもサイバー犯罪のレベルは増加している。盗まれたり、破られたりしたIDデータがサイバー犯罪者に広く利用可能となっているためだ。アジアはまた、IDなりすまし攻撃やアカウント・ログインへの攻撃も最も高い水準にある。サイバー犯罪集団がこうした盗まれたIDデータを換金しようとするからである。

新たなサイバー犯罪テクニックが攻撃レベルの上昇につながる

Q1 2017 Cybercrime Report(2017年第1四半期サイバー犯罪報告、リンク )によると、攻撃のベクトルとパターンはいずれも進化しつつあり、より悪質有害になっている。

*金融サービス業界ではRemote Access Trojans (RATs、リモートアクセス型トロイの木馬)の強い足跡がある
*Fintech(金融工学)面では、ピアツーピアの融資や新興プラットフォームを標的にしたIDなりすまし攻撃がみられる。
*デジタルウォレット取引は年比80%増加しており、関連のボット攻撃は同180%と激増している。
*取引の45%はいまやモバイルプラットフォームによるものである
*金融サービスは、モバイルユーザーからの最も強いモバイルフットプリントと急増する顧客エンゲージメントがあり、モバイルユーザーは従来よりも3倍の頻度でログインしている。

ThreatMetrixの製品マーケティング担当副社長のバニタ・パンディー氏は「進化しつつある攻撃ベクトルの複雑さとスピードはわれわれを驚かせ続けている。企業は、詐欺師たちガゼルに対する強力な全能のライオンにならねばならない。そして顧客の独自のデジタル・アイデンティティーを理解するためにダイナミックなインテリジェンスで彼らに打ち勝たねばならない」と語っている。

Q1 2017 Cybercrime Reportのダウンロードは以下を参照。
リンク

ThreatMetrix Q1 Cybercrime Reportは、ThreatMetrix(R) Digital Identity Network(R)によって検知された2017年1月から3月までの実際のサイバー犯罪に基づいている。

ThreatMetrixは、デジタルペルソナとオンライン取引を認証するための市場をリードするクラウドソリューションである。www.threatmetrix.com

▽問い合わせ先
Ken Lam
ThreatMetrix
klam@threatmetrix.com
+852-61800905

ソース:ThreatMetrix

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事