logo

Skyland Venturesは“The Seed Maker.”へ!

スカイランドベンチャーズ株式会社 2017年05月11日 11時24分
From PR TIMES

ミッション・バリューの策定およびコーポレートサイトをリニューアル



U25のスタートアップへの投資をメインに行うシードファンドを運営するベンチャーキャピタル(VC)であるSkyland Venturesは、2017年5月11日ミッション・バリュー策定およびコーポレートサイトをリニューアルしたことをお知らせします。

今回、クリエイティブ・エージェンシーPARKのサポートによりミッション・バリューを開発し、新たな志のもと、よりいっそう事業活動を推し進めていきます。

・Skyland Venturesの新ミッション&バリュー:
[画像1: リンク ]

Skyland Venturesは、そのミッション・バリューを体現していくために様々なプロジェクトを実施し、従来のVCの枠組みに縛られないシードスタートアップ支援のあり方を追求していきます。そのための主な活動として"SEED Fund"、"SEEDS"、"HIVE"、"WAVE"などがあります。(ミッションページ:リンク

・コーポレートサイトURL:リンク

○新ミッション&バリューの制作背景

私たちは、テクノロジー産業に大きなインパクトを与える種(シード)を創るためにベンチャーキャピタル(VC)投資を行っています。そのためにまずは、若い起業家を増やしスタートアップカルチャーを根付かせていきたい。そんな想いから、シードスタートアップやプロジェクトを生み出す存在となるべく、「The Seed Maker.」というミッションとその実現のため、6つのバリューを策定しました。バリューにある「フライングで、投資する。」「実験的プロジェクトを、次々と。」など、従来のVCの枠組みに縛られないシードスタートアップ支援のあり方を追求・実践していきます。

○PARKについて
2015年1月、面白法人カヤック出身の3名により創業したクリエイティブ・エージェンシー。ブランディングを主な領域として、企画/コンセプト立案から、デザイン/コピーライティングまで手がける。企業理念は「愛はあるか?」 リンク

○PARK及びSkyland Venturesプロジェクト担当のコメント
ヒアリングを重ねる中で、ベンチャーキャピタルの枠からはみ出るような挑戦を続けている、ひとことで言うと、ゲリラ的な発想力と機動力を感じました。今回、ミッション&バリューを開発するにあたって、そうした人格を宿すようなものにできればとチャレンジしました。Skyland Venturesが今後このミッション・バリューを実践していった先に、日本のスタートアップ業界がどのような変化を遂げているのか、とてもワクワクしています。(PARK 代表取締役/コピーライター 田村大輔)

パンクロックや少年漫画のように"シンプルで、力強く、平易な言葉で"というイメージをコアとしてPARKにお手伝いいただき、リブランディングプロジェクトを進めました。形のない仕事、多様化する業界だからこそ、一本筋の通ったSkyland Venturesらしさを皆さんに届け、スタートアップコミュニティを一緒に作っていけたら嬉しいです。時の洗礼を浴びても、輝き続けるようにという思いとともに。STAY GOLD。
(Skyland Venturesアソシエイト 岡山佳孝)

[画像2: リンク ]


今後もSkyland Venturesは、PARK社を筆頭にクリエイティブに強みを持つ法人・個人との共同プロジェクトを展開していきます。

○Skyland Venturesについて
Skyland Venturesは、U25のスタートアップへの投資をメインに行うシードファンドを運営するベンチャーキャピタル(VC)です。 “The Seed Maker.”というミッションを掲げ、テクノロジー産業に大きなインパクトを与える種(シード)を創るために活動しています。現在、日本国内を中心に40社超へ投資し、総額14億円を運用。( リンク )
[画像3: リンク ]

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事