logo

日本初のIoTデバイスを集結させたスマートホステル「&AND HOSTEL」3号店が東京・上野に5月中旬にオープン

and factory株式会社 2017年05月11日 10時30分
From PR TIMES

~日本未発売、海外のIoTデバイスの日本での拡販支援を開始~

and factory株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:小原崇幹 以下「and factory」)は、日本初となるIoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」の3号店を5月中旬に東京・上野に開業致します。「&AND HOSTEL」はand factoryがプロデュースする最先端IoTデバイスを1ヶ所に集結させた「日本初のスマートホステル」です。
今回の上野店では、最新のIoT製品を店頭に展示し体験型で紹介するソフトバンク株式会社のプロジェクト「Future Marketing Unit(FMU)」と、FMUと連携している米国で独創的な消費者向けハードウェアやIoT製品に特化したリテール用ショールームを運営している「b8ta(ベータ、本社:米国カリフォルニア州、代表:Vibhu Norby)」との取り組みにより、「&AND HOSTEL」にて日本未発売やシリコンバレーを中心とした海外の革新的な最先端製品の体験を実現しています。




[画像1: リンク ]


and factoryは、2016年8月に1号店の「&AND HOSTEL」を福岡・博多でプロデュースし、2号店を2017年4月に東京・浅草北でプロデュースしました。今回、3号店として、美術館や博物館などの文化施設や、公園や動物園、個性的で活気のある商店街があり、外国人観光客に人気の高い上野エリアを選定し、東京・上野に5月中旬に開業致します。
「&AND HOSTEL」では、施設内に組み込まれているIoTデバイスを連携させ、統制・制御するプラットフォームアプリ「&IoT」を用いて、スマホひとつで部屋内のデバイスを一元的に操作することが可能です。本施設は近未来のIoTルームを設置することにより部屋自体がエンターテイメント空間となり、宿泊体験を観光目的の一つとしてお楽しみ頂ける内容となっています。
また、「&AND HOSTEL」は単なる宿泊施設としてだけではなく、以下の3つの価値を創造する日本初のユニークな《場》となっています。

1 日本のIoT技術力を世界へ発信するプレゼンテーションの場
2 IoTデバイスの技術開発/実証実験の場
3 IoTプラットフォーム構築の研究/改善の場
※「&AND HOSTEL」はand factory株式会社の商標または登録商標です。

【FMU・b8taとの連携内容】
FMUは米国でIoT製品を販売したい日本企業をb8taへ紹介し、b8taは日本でIoT製品を販売したい米国企業をFMUへ紹介しソフトバンクショップでの展示・販売を行うなど、双方が連携して海外進出に向けたサポートを行っております。
今回「&AND HOSTEL」での取り組みを通じて、米国の優れたIoT製品に対し宿泊者からの製品フィードバックを行い製品開発、改善に活かすなど米国企業の日本進出支援を行い、また日本のIoTデバイスメーカーに対しても、優れた米国のIoT製品の活用状況や使用感をフィードバックすることで、日本のIoT市場の発展に貢献していきます。

【FMU・b8taとの取り組みによる活用IoTデバイス】
※デバイス連携イメージ
[画像2: リンク ]


・ELLIPSE
盗難検知、事故時自動連絡機能、ソーラー充電機能を搭載したスマートフォンで管理できるスマート自転車用U字ロックです。上野店ではレンタサイクルサービスを提供しています。施設管理者に、貸し出している自転車の盗難検知を知らせたり、事故の時に自動連絡が行くなど、施設側で自転車の状況や位置がトラックできるように活用します。
[画像3: リンク ]


・Neo smartpen N2
書かれた内容はアプリにそのまま現れ、検索、保存、共有など、様々な機能を利用し、「書くこと」の価値を高めてくれるスマートペン。宿泊者みんなが書き溜めたおすすめスポット帳をスマホで持ち出せるなど、自分のおすすめスポットを書くだけで共有できる体験を提供する予定です。
[画像4: リンク ]


・Bluesmart Black Edition
スーツケースが手違いで場所がわからなくなっても世界中で追跡でき、本体の電源を活用してスマートフォンが充電可能なスーツケースです。旅行と親和性の高いスマートなスーツケースを展示することで、旅行の新しい荷物持ち運び体験を提供します。
[画像5: リンク ]


・Blincam
クラウドファンディングでも大人気のメガネにつけてウインクで撮影が可能な世界最速のウェアラブルカメラです。5月は展示のみで、6月から観光写真をウインクで撮れるという体験ができます。
[画像6: リンク ]



【&AND HOSTEL UENO】
住所:東京都台東区東上野6-8-7
交通:JR山手線「上野」駅徒歩7分、東京メトロ銀座線「稲荷町」駅徒歩3分
面積:268.82m2
定員:32名
客室:Dormitory 2,900~3,300円 / Single Room 6,900円 / Double Room 7,900~8,500円 / IoT Double Room 9,500円
公式WEBサイト : リンク

【Future Marketing Unit とは】
ソフトバンク株式会社が、国内外の先進的な製品を体験型展示で紹介するプロジェクトです。国内未発売の海外商品を含め、複数の商品を一部のソフトバンクショップの店頭にて展示・分析・販売しています。
プロジェクトリーダー:安東慶人
Facebook ページ:リンク
法人向けお問い合わせ先:リンク

【b8taとは】
b8taは米国で店舗の在庫状況などをリアルタイムに把握できる仕組みをメーカーに提供する新しい形の小売業を行っており、米国のGoogle 傘下でサーモスタットなどを開発しているNest labs出身者のVibhu Norby(CEO)、William Mintun(COO)、Phillip Raub(CMO)によって2015年に設立されました。b8taは、お客さまが新商品を発見したり、試して理解できるよう、商品のメーカーが扱いやすいシンプルな販売システムを提供しています。b8taの本社はカリフォルニア州サンフランシスコで、パロアルトとサンタモニカおよびワシントン州シアトルで店舗を運営しています。

【&AND HOSTEL共創オーナー募集】
IoTを活用した近未来の生活体験がコンセプトの「& AND HOSTEL」ですが、開業以来、新聞・テレビ・インターネット、様々な媒体に取り上げられ、大きな注目を集めています。&AND HOSTELでは高まるインバウンド需要の受け皿に、またIoT事業の更なる拡張を視野に入れ、HOSTEL事業の共創オーナーを募集しています。
リンク
[画像7: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事