logo

【業界初】無断キャンセル撲滅に貢献するカード決済機能付予約受付サービス「キャンセルプロテクション」を、導入費・月額固定費無料で飲食店に提供開始

株式会社VESPER 2017年05月11日 10時00分
From PR TIMES



飲食店向け予約顧客管理システム「TableSolution(以下、テーブルソリューション)」を提供する株式会社VESPER(本社:東京都中央区、代表取締役:谷口 優、以下:べスパー)は、飲食店における予約の無断キャンセルを防ぐことができる「TableCheckクレジット決済」(以下、テーブルチェック クレジット決済)機能を、2017年6月1日(予定)より、新サービス「キャンセルプロテクション」としてバージョンアップし、業界で初めて導入費用や月額固定費用を無料で提供開始することをお知らせいたします。

◆無断キャンセルを取り巻く“飲食業界”と“他の業界”の現状について
飲食店の予約を直前または無断でキャンセルする方や団体は未だに後を絶たず、キャンセルによって生じる食材費や人件費のロス、売上の減少が、飲食店を経営する上での大きなリスクとなっています。またベスパーの調べでは、昨今増加の一途を辿る訪日外国人旅行者による予約キャンセルの比率も、通常の予約に比べ2倍近い結果となっています。こういったドタキャンや無断キャンセルが横行する大きな要因として、飲食業界では予約の多くを電話で受け付けるため、前金を収めたりクレジットカード等で決済をせずとも予約が成立する慣習が根強くあることが考えられます。一方、他の宿泊・航空券・映画業界では、予約時のカード決済についても普及が進んでおり、予め利用者へキャンセルポリシーを提示し、期日を越えてのキャンセルについては適切なキャンセル料を請求できる仕組みが定着しています。

◆テーブルチェッククレジット決済をバージョンアップして提供開始する背景について
ベスパーは2016年1月に業界で初めて、飲食店向けにネット予約成立時のクレジットカード決済や利用金額に応じたクレジットカード利用枠の一部仮押さえ(与信)を可能にした「テーブルチェック クレジット決済」機能の提供を開始しました。既に北海道ニセコの完全予約制フレンチレストラン「KAMIMURA」や京都のラグジュアリーホテル内にある「鮨 和魂」など、様々な業態の飲食店で活用されています。例えば「鮨 和魂」においては、予約時に予めクレジットカード情報をお預かりすることで、キャンセルリスクを気にせずネット予約を受け付けられるようになり、今や予約管理において欠かせないツールとなっています。

しかしこれまでは、導入費用や月額固定費用の負担を重く感じる飲食店での導入がなかなか進みませんでした。他社サービスでも、予約キャンセル発生時に損失の一部を補填するサービスなどが出てきてはいますが、補填される金額の上限があったりサービスの利用回数に上限があるなど、無断キャンセル撲滅の本質的な解決策には至っていないのが現状です。

今回ベスパーは、予約の無断キャンセルを撲滅するための本質的な解決策は、飲食業界の旧態依然の予約受付スタイルとなっている「事前決済をしなくても予約が成立する」慣習をなくし、ネット予約を主流としたカード決済型予約受付スタイルを広く普及させることであると考えました。これに伴い、飲食店が予約の無断キャンセルを防ぐことができる「テーブルチェック クレジット決済」機能を「キャンセルプロテクション」としてバージョンアップし、これまで導入費用や月額固定費用の負担を理由に導入を見送っていた飲食店が利用しやすくなるよう、無料提供を開始することにいたしました。
ベスパーは、この度のバージョンアップをきっかけに飲食店への「キャンセルプロテクション」の普及を加速し、飲食業界における予約の無断キャンセル撲滅に貢献してまいります。

◆「キャンセルプロテクション」概要について
既存サービスである「テーブルチェック クレジット決済」を、予約の無断キャンセルに悩む全ての飲食店が導入しやすくなる料金体系にバージョンアップしたものです。テーブルソリューションを導入している全ての飲食店において(※1)、別途追加の初期導入費用、月額固定費用なし(※2)で利用できるサービスです。煩わしい手続きは不要で、お申込から最短3営業日で利用をスタートできます(※3)。対象カードは、5大クレジットカードのVISA/Master/AMEX/Diners/JCBです。

※1:テーブルソリューション月額利用料金として12,000~20,000円(税別)を頂戴いたします。
※2:別途決済手数料、取引手数料が発生いたします。
※3:別途、TableSolution基本機能の導入に通常約1ヶ月の導入期間が必要です。


[画像: リンク ]

          「キャンセルプロテクション」イメージ

◆「キャンセルプロテクション」活用方法について
キャンセルプロテクションは、飲食店の意向に合わせ下記の3パターンからネット予約掲載プラン毎に設定することが可能です。(※一部プランのみを「キャンセルプロテクション」の対象プランにすることもできます。)
1.予約時に決済まで済ませる「事前決済型」
→予め料金の決まっているワイン会等の会費制のお席や、プールサイドバーなどのチケット制の予約に最適です。
2.予約時にカード情報の入力のみを必須とする「与信(仮押さえ)型」
→高単価なコースや、大人数でのご予約(対象とする人数は店舗で設定可能)、繁忙期の予約に最適です。
3.プレゼントディナーや決済による割引特典などを付与する「任意利用型」
→大切な方へのプレゼントのお食事やネット予約特典としての割引を設ける予約に最適です。


■株式会ベスパーについて■
「最高のレストラン体験を実現するためのプラットフォームを創る」ことを目的とし、メイドインジャパンでグローバルスタンダードを指向する飲食店・レストラン向け台帳管理システム「テーブルソリューション」を開発、提供。社内共通語は英語、世界各国から優秀なメンバーが集まり(2017年5月1日現在、12か国)、業界のイノベーターとしてマーケットをリードしています。世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンを筆頭に、厳しい水準と高い信頼性を求める一流レストラン・飲食企業を取引先として抱え、日本国内にとどまらない事業展開を目指します。

■会社概要:株式会社VESPER■

代表者:谷口 優
所在地:東京都中央区銀座2-14-5 第27中央ビル4F
設立年月:2011年3月
資本金:3億2151万8110円(資本準備金を含む)
事業内容:レストラン・飲食店の予約・顧客管理、ネット予約の一元管理・在庫管理、 集客ソリューションなどトータルマネジメントを実現するクラウドサービス「TableSolution」の開発・提供。
URL:リンク
TableSolution:リンク
TableCheck:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。