logo

JCBとナウキャスト、「JCB消費NOW」にて6種類の消費指数を公開

JCB 2017年05月10日 15時00分
From PR TIMES

~EC消費は前年比5割以上の伸び、消費全体を牽引~

株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)と、株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林 良太、以下:ナウキャスト)は、クレジットカード会員の属性や決済情報などのビッグデータを活用し共同開発した消費統計「JCB消費NOW」にて、6種類の消費指数を公開いたしました。



今回、公開した消費指数は「総合」・「外食」・「ドラックストア・医薬品」・「ファミリーレストラン」・「ガソリン」・「EC消費」の6種類で、それぞれ月次および半月(1日から15日までの月前半、16日から月末までの月後半)単位のデータを閲覧することができます。これらは専用サイト(リンク)での会員登録(無料)が必要となります。

【JCB消費NOW(総合|月全体)】
[画像: リンク ]


2017年3月(確報)の総合指数(月全体)は114.9となり、2015年4月以降で2番目に高い水準となっております。また、2017年4月15日(速報)までの3ヶ月移動平均ベースで見ると、総合指数は前年比+8.2%となっており、消費活動の堅調さが伺えます。EC消費は同+55.3%と伸びが突出しており、日本の消費全体を牽引していることが読み取れます。


JCB消費NOWは、経済産業省が提供する「商業動態統計」のような既存の消費統計と高い相関関係が確認できており、小売活動の調査を行う証券アナリストや、マーケティングリサーチを行うメーカーを始め、幅広い方にご活用いただけます。今後はユーザーの声を反映し、公開する業種、頻度などを随時アップデートしてまいります。


【JCB消費NOWとは】日本発唯一の国際カードブランド運営会社であるJCBと最先端のビッグデータ解析ノウハウを持つナウキャストが共同開発した、消費活動の“今”を知るための新しい指標です。クレジットカードで実際に決済された情報を基に開発しているため、これまで実態が掴めなかった業種別や販売形態別の消費活動を把握することが可能となります。また、データを集計して15営業日で配信するため、既存のアンケートをベースとした消費統計と比べ、速報性が大幅に向上しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事