logo

ヴイエムウェア、新たなIoT管理ソリューションを発表

エッジから基幹システム、クラウドに至るまで、さまざまな“モノ”で構成されるIoT環境全体を簡単かつ一元的に管理できるVMware Pulse(TM) IoT Center(TM)

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、安全性に優れた企業向けのInternet of Things(IoT、モノのインターネット)インフラ管理ソリューションであるVMware Pulse(TM) IoT Center(TM)を発表しました。VMware Pulse IoT Centerにより、IT(Information Technology:情報技術)担当者とOT(Operational Technology:IT以外の運用技術)担当者は、自社のIoT向けインフラとそれを構成する“モノ(things)”を完全にコントロールできるようになります。ヴイエムウェアが新たに提供するIoT向け製品として最初のソリューションとなるVMware Pulse IoT Centerにより、ユーザはエッジからクラウドに至るまで、IoTプロジェクトのより効率的な管理、運用、拡張、保護が可能になります。

ガートナー社では、2020年までに実施されるIoTプロジェクトの90%で、何らかのIoTゲートウェイが利用されると予測しています (1)。またIDC社によると、全世界でIoTに接続されるエンドポイントの数は、2015年末時点の121億から2020年には300億以上にまで増加する見込みです (2)。このように、企業でのIoTの活用がますます進むなか、IoTインフラやそこから生み出されるデータを管理、監視、保護するためのシンプルなアプローチが求められています。

実績のある企業向け製品を基盤にした新たなIoTソリューションの開発
IoTに投資する企業の多くは、概念実証(PoC)から本番環境への移行に際し、いくつもの重大な課題に直面しています。そして、自社のIoTユースケース全体で数十万種類にものぼるエッジ システムやインターネットに接続されたデバイスを追跡、可視化、監視、保護するためのシンプルな方法を求めています。VMware Pulse IoT Centerにより、企業のIoTインフラとさまざまな種類の“モノ”の管理を簡素化し、これらの環境全体を一元管理できるようになります。そして、“モノ”の状態を正確かつリアルタイムに可視化するVMware Pulse IoT Centerを活用することで、インフラの信頼性が向上し、異常が発生する前にプロアクティブな対応が可能になります。また、VMware Pulse IoT Centerは、IoTプロジェクトの展開や拡張を効率化することで、IoT投資の回収の高速化を支援します。さらに、“モノ”、エッジ、ネットワーク、アプリケーションなどの構成要素全体に対してセキュリティを提供することで、IoTインフラやデータへのアクセスの保護をさらに強化できます。

企業向けIoTに特化したVMware Pulse IoT Centerでは、デバイス管理のためにはVMware AirWatch(R)、インフラの監視やトラブルシューティングのためにはVMware vRealize(R) Operations™といったように両製品が提供する既存かつ実績あるテクノロジーを活用しています。そして、IT担当者とOT担当者の両方の複雑かつ固有のIoTに関するニーズを満たすと同時に、幅広いエッジ システムやインターネット接続デバイスに対応しています。VMware Pulse IoT Centerは、導入が容易なオンプレミス型のソリューション、またはクラウド サービス(as a Service)の両方の形式で提供される予定で、現在、自動車、エンターテインメント、リテール バンキング、医療、製造などの顧客向けにプライベート ベータ版が提供されています。

VMware Pulse IoT Centerの導入によるメリットは以下の通りです。

管理範囲の拡大:インターネットに接続されている“モノ”の管理の複雑性を軽減します。
• さまざまなIoT向けエッジ システム、インターネット接続デバイス、アプリケーションを単一のコンソールから簡単に追加、管理、監視、保護

• 異なるハードウェア、OS、通信プロトコルを備えた異機種混在環境のエッジシステムとインターネット接続デバイス間で相互運用が可能

• 高度かつ柔軟なルール エンジンにより、“モノ”の無線通信(OTA)によるアップデートや変更に関して、対象となるシステム、場所、時期を定義して追跡

運用のスマート化:“モノ”の状態を正確かつリアルタイムに可視化し、異常発生前の対応能力を向上します。
• リアルタイムなインフラ分析と監視

• すべてのエッジ システム、インターネット接続デバイス、およびそれらの相関関係(状態、場所、依存関係など)の可視化に加え、IoTユース ケースのグループ化

• KPIや評価基準、アラート、アクションの定義

保護の強化:“モノ”、エッジ、ネットワーク、アプリケーションなどIoTインフラ全体を保護します。
• VMware NSX(R)をアドオンとして活用することで、データ ポイントからアプリケーションまでのトンネルを構築し、脅威にさらされるデータを最小限に抑制

• セキュリティ上の脅威にさらされた場合にいつでもデバイスからデータを削除可能

• ファームウェアやセキュリティ パッチを常に最新の状態に保つことができるとともに、統合ポリシーエンジンを通じてソフトウェアを無線通信でアップグレード可能

イノベーションの加速:IoTの導入と拡張を効率化/高速化します。
• すべてのデバイスに対応した単一の管理ツールによって、IoTユース ケースの展開を簡素化

• シンプルなデバイスの追加や稼働時間外のアップデートなど、IoTのメリット実現までの期間を短縮

• エッジからクラウドに至るまでのソフトウェア ライフサイクル管理において、適切な“モノ”に、適切なタイミングで、適切な情報を動的に提供

Dell Technologiesが顧客のIoTプロジェクトを支援
顧客がリアルタイムに情報を収集し、よりスマートにビジネス上の意思決定を行うためには、ネットワークのエッジ(例:自動車、リモートのオイルポンプ、製造現場、または製造現場の空調設備など)の重要なデータを安全に転送、分析する必要があります。Dell EMCでは、Dell Edge Gateways用の企業向け管理/監視の推奨ソリューションとして、VMware Pulse IoT Centerを提供する予定で、これにより、顧客は単一のツールですべてのIoTデバイスを簡単に管理できるようになります。Dell Technologiesの提供する幅広いIoTインフラにより、エッジから基幹システム、そしてクラウドに至るまで、顧客のデジタル変革を支援します。

この発表はヴイエムウェアのIoTに関する最新の取り組みとなるものです。ヴイエムウェアは、本日の発表に先立ってDeloitte社、EuroTech社、富士通、HARMAN社、ThingWorx社、Viz Explorer社などの各社との重要なパートナシップを発表しています。また、2016年には、IoT向けのデータの取得や制御をオーケストレーションするアプリケーションの構築に向けて、特定のベンダーに依存しないオープン ソースのソフトウェア開発キット(SDK)であるLiota(Little IoT Agent)を発表しています。

富士通株式会社 執行役員 菊田 志向氏 コメント:
「我々は、VMware Pulse IoT Centerの提供開始を歓迎いたします。富士通はVMware Pulse IoT Centerを富士通OTAリプログラミングソリューションに組み込む事で、コネクティッド・カー市場向けサービスをグローバルに提供していきます。富士通とVMwareは、モビリティを中心としたIoT分野でより安全で効率的なソリューションを提供するための協力関係を拡大していきます」

VMware, Inc. IoT部門担当副社長 ミミ・スピアー(Mimi Spier)コメント:
「企業がデジタル ビジネスの実現に向けた変革に取り組むなか、IoTを活用してビジネスにおける運用をさらに改善するためにIT担当者とOT担当者が協業する機会を生み出すとともに、新たな収益の機会をもたらしています。ヴイエムウェアはこれまでに企業向けで培ってきた専門性と実績を生かし、IoTインフラ、さらにはあらゆる“モノ”にもその専門性と実績を活用します。VMware Pulse IoT Centerは、さまざまなIoTの用途に適用できる優れた可視性とコントロールをIT担当者とOT 担当者に提供すると同時に、IoTによりもたらされる価値全体を保護するセキュリティ機能を通じた安心を提供します」

■ご購入および価格について
VMware Pulse IoT Centerは2017年中に提供開始予定です。価格やライセンスに関する情報は一般提供開始時に発表します。VMware Pulse IoT Centerは、ヴイエムウェアならびにパートナ各社から個別ソリューションとして提供、またはDell EMCやその他のパートナの製品と組み合わせたバンドル製品としてパートナから提供される予定です。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド インフラとビジネス モビリティの分野で世界をリードし、顧客のデジタル トランスフォーメーションを加速させています。そして、Cross-Cloud Architecture™や、データセンタ、モビリティ、セキュリティのソリューションの提供を通じて、顧客企業がビジネスやITに対してSoftware-Definedの手法を活用できるように支援しています。今日、全世界で50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、2016年度の売上高は、70億9,000万米ドルに上ります。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

(1). Gartner “Exploring the Rules of IoT Gateways in Five Edge Use Cases” August 2016
(2). IDC Worldwide Internet of Things Forecast Update, 2016-2020: December 2016

VMware、AirWatch、vRealize、vRealize Operations、NSX、Pulse、Pulse IoT Center、Cross-Cloud Architectureは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

この文書には、VMware以外の第三者が作成、管理する外部Webサイトへのハイパーリンクが含まれる場合があり、それら外部Webサイト上のコンテンツはその第三者のみが責任を負います。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。