logo

「レオパレス21」新TV-CM/“恋するレオパレス”3rd Seasonがスタート!女子大生・広瀬すずさん、先輩の急接近にどぎまぎ ひとり暮らしを始めた部屋でついに想いを告白!?

レオパレス21 2017年05月10日 12時36分
From PR TIMES

『女子大生すず』篇、『はじめてのホムパ』篇、2017年5月11日(木)からオンエア開始

株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、代表取締役社長:深山英世、以下 レオパレス21)は、イメージキャラクターの広瀬すずさんを起用した、恋するレオパレス 3rd Season TV-CMとして、『女子大生すず』篇、『はじめてのホムパ』篇(各30秒・15秒)を、5月11日(木)より順次、全国エリアにて放映開始いたします。
また、TV-CMの世界をより深く楽しめるWEBムービーも、5月11日(木)よりCM特設サイト(リンク)で公開いたします。



[画像1: リンク ]

■TV-CMについて
女優の広瀬すずさん演じる“すず”の青春物語を描く「恋するレオパレス」TV-CMシリーズ。その続


編となる本作では、片思い中の先輩が通う大学に合格した、女子大生“すず”の初々しいキャンパスライフが描かれます。
また今回のTV-CMでは、シンガーソングライターの集うユニット「Goose house」がレオパレス21のCMソング「それぞれの夢」を歌います。ステキな歌声にも是非ご注目ください。

『女子大生すず』篇(30秒)
講義が終わった教室で友人と談笑中、想いを寄せる先輩が突然目の前に現れ、隣に着席。あまりの近さにドギマギしながら、ひとり暮らしを始めたことを伝えると、ひょんなことから友人と一緒に、先輩も“すず”の部屋を訪ねることになります。思わぬ展開に慌てつつも、さっそくスマホを取り出し、何やら操作し始めた“すず”。無邪気で屈託のない先輩の言動に振り回される彼女の、チャーミングな表情や仕草にご注目ください。

『はじめてのホムパ』篇(30秒)
舞台は、“すず”がひとり暮らしを始めたレオパレス21の部屋。「おしゃれだな~」と感心している先輩に、入居する際、壁紙を選んだことを得意げに話していると、唐突に友人が「いつか“すず”の彼氏もここに来ちゃうのか~」と切り出します。彼氏がいないことを、先輩に強くアピールする“すず”ですが、「好きな人は?」という質問には答えられず、もじもじしていると、気を利かせた友人が買い物に出かけて、“すず”と先輩が部屋で二人きりに。自分の想いを伝える絶好のチャンスに、“すず”が取った行動とは果たして……。


■WEBムービーについて
『女子大生すず』篇と『はじめてのホムパ』篇が繋がって、ひとつのストーリーとして描かれるWEBムービーでは、CMでは描き切れなかった女子大生“すず”の恋模様を公開します。一番の注目ポイントは、先輩と二人きりになった部屋で、「正直に言ってもいいですか?」と切り出した“すず”が、勇気を出して告白する場面。本ムービーでしか描かれない貴重なシーンでは、揺れ動く乙女心をキュンキュンするようなお芝居で表現した、女優・広瀬すずの魅力をたっぷりお楽しみいただけます。


■撮影エピソード
◇大学生になったばかりの“すず”を等身大で表現
撮影に当たり、監督から広瀬さんに対して、「新生活がテーマなので、元気さ、ワクワク感を大事にしてください。」という指示がありました。制作サイドが意識したポイントは、恋するレオパレスシリーズで広瀬さんが演じている“すず”の、等身大の大学生活を描くこと。本番では友人役の女の子とおしゃべりを楽しむ姿や、片思い中の先輩の急接近にどぎまぎする自然なリアクションを、さまざまなアングルから撮影し、大学生となった彼女のキラキラした表情を狙いました。

◇新たに参加した佐々木さんをやさしく気遣う広瀬さん
本番直前、今回の3rd Seasonから新たに加わった、“すず”の友人役である佐々木萌詠さんが緊張しているのを察したのか、大丈夫とばかりにやさしく手を握る広瀬さんの姿がありました。過去、映画で共演していたことから、今回の撮影でも、広瀬さんの気遣いで緊張が解けてからは、本当の友人同士のように気さくに言葉を交わし、終始和気あいあいとした空気を演出していました。

◇独特の空気に緊張MAX!?思わぬNGで和む撮影現場
部屋での3人のやり取りのファーストカットでは、広瀬さんが先輩に想いを伝える大切なシーンということで、現場全体に独特の空気が漂い、スタッフも固唾を吞みながらスタンバイ。どうやらその緊張感がキャストにも伝わったらしく、冒頭の台詞で珍しく先輩役の新川さんがNGを出してしまいました。さっそく広瀬さんと佐々木さんがニヤニヤしながら、「どうしたのかな?」と声を掛けていましたが、これで一気に全員の肩の力が抜けて、リラックスムードに。その後の掛け合いは、とてもスムーズに進行しました。

◇揺れ動く乙女心を表現する圧巻のお芝居
部屋で先輩と二人きりになった広瀬さんが、「正直に言ってもいいですか?」と切り出すシーン。CMを締めくくるラストカットにして、WEBムービーへと繋ぐ大事な場面だけに、ベストショットを求めて何度もテイクを重ねました。照れくさい状況にもじもじして、最初は伏し目がちだった顔が徐々に正面を向き、勇気を出して告白を決意する広瀬さん。細かい仕草や表情、目線の動きひとつで、揺れ動く乙女心を表現するお芝居には、誰もがグイグイ引き込まれていました。

◇広瀬さんの告白シーンが堪能できるWEBムービー
WEBムービーでは、広瀬さんが「好き、です」と告白するシーンも撮影。残念ながら、その想いは、“超”が付くほど鈍感な先輩に届かず、空振りに終わってしまいますが、沈黙があった後、慌ててごまかす姿が何とも愛おしく、スタッフ一同、キュンキュンしながら見守っていました。

■メイキングカット

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


■Goose house プロフィール

[画像4: リンク ]

シンガーソングライターユニット。小さな部屋の隅っこから世界に音楽を届けようと始まったこの活動は、SNSを活動の基盤とし10~20代を中心に広がり始め、YouTubeチャンネルには190万人が登録し、動画の総再生数は9億回を越えている。
2014年秋にはアニメ「四月は君の嘘」のオープニング曲となった「光るなら」が24週にわたってオリコンにランクイン、2017年1月にリリースしたシングル「僕らだけの等身大」はオリコン自身最高位となる2位を獲得するなどオリジナル楽曲にも注目が集まっている。
2015年と2017年には全国ホールツアーも開催し東京国際フォーラムAなどの公演を即完するなどSNSにとどまらず活動を拡げ続けている。

■概要
<TV-CM>

[表1: リンク ]


<WEBムービー>

[表2: リンク ]



■制作スタッフ
CD:木村 年秀 
CP:木村 千沙子
PL/CW:見市 沖
AD:村野 崇行 
Pr:蜂谷 尚由 / 土岐 裕幸
PM:市来 優太
演出:田向 潤
撮影:奥口 睦
照明:大竹 均
美術:古本 衛
スタイリスト:梶原 浩敬 / 柚木 一樹
ヘアメイク:古久保 英人
音楽:藤井 意弘

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。