logo

異例の初版30万部、又吉直樹第二作『劇場』をSmartNewsで発売前に先読み!

スマートニュース株式会社 2017年05月10日 11時00分
From PR TIMES

~5月10日、11日の期間限定で新刊『劇場』の一部(約5600字)を「読書チャンネル」等で提供~



[画像1: リンク ]


『劇場』はデビュー作『火花』で芥川賞を受賞し話題となった又吉直樹さんによる待望の第二作で、もともと『火花』より前に書き始め、1年以上の中断をはさみ、2年以上に渡って完成させた『火花』を超える原稿用紙300枚の長編で、著者にとって初挑戦となる”恋愛小説”です。

3月7日(火)発売の文芸誌「新潮」4月号で発表され、通常1万部である同誌の発行部数は売り切れとなる書店が相次ぎ、緊急重版を含め累計5万部、一作目『火花』が掲載された「文學界」(文藝春秋)2015年2月号の累計4万部を上回るなど、前作を超える反響が寄せられています。新潮社では4月10日に、初版部数が30万部と、村上春樹さんの「騎士団長殺し」第1部、第2部や「1Q84 BOOK3」の50万部に次ぐ、歴代2位の初版部数になることがあきらかにされ、直島銭湯「I♥︎湯」(直島、2009)などで知られる現代美術アーティスト、大竹伸朗さんのドローイングを使った書影も話題を呼んでいます。

今回SmartNewsの読書チャンネルでは、この『劇場』から冒頭約5600字を2017年5月10日~11日までの期間限定で提供(エンタメチャンネルでも5月10日12時~24時まで掲載予定)いたします。なお、『劇場』の書店での発売日は2017年5月11日となります。読書チャンネルで『劇場』をお読みになり、ぜひ単行本で続きをお楽しみください。

読書チャンネルを追加するには、SmartNewsの画面下部にある[見つける]をタップし、「読書」と検索すると、読書チャンネルの追加画面が表示されます。[追加]をタップすると、SmartNewsで「読書チャンネル」のタブが追加されます。
[画像2: リンク ]


又吉さんは、デビュー作『火花』が300万部(文庫含む)を超す大ベストセラーとなり、第153回芥川賞を受賞。『火花』は2016年にNetflixによるドラマ化と世界配信、2017年にはNHKで放映されるとともに11月には板尾創路監督、菅田将暉/桐谷健太のダブル主演により映画公開されることも明らかとなりました。人気お笑い芸人と小説家という2つの顔をもつ又吉さんの執筆はNHKスペシャル「又吉直樹 第二作への苦闘」(2月26日放送)でもとりあげられるなど、読書好きにとどまらず幅広く話題になっています。

SmartNewsではこれまでも大ヒット映画『君の名は。』のサイドストーリー『君の名は。 Another Side:Earthbound』(角川スニーカー文庫)の連載や『君の膵臓をたべたい』(通称「キミスイ」)で知られる住野よるの新刊『か「」く「」し「」ご「」と「』(新潮社)の発売前先読みなどの企画を実施しており、好評を博しております。今後も当社はコンテンツの作り手に敬意を払い、必要とするユーザに最適な形でお届けするべく、メディアパートナーの各社と新たな取り組みを進めていきます。また本企画に合わせ、SmartNewsで、下図のような起動画面広告を実施しております。
[画像3: リンク ]


今回のキャンペーンの実施と制作にあたっては「SmartNews Creative HUB」が担当しております。主な実績は以下のとおりです。

株式会社SUBARUへの社名変更、ファンとのつながりを企図したマーケティングと”ニュース”としての広告(リンク

SmartNews × 『フランケンシュタインの恋』 史上初! 日テレ綾野剛主演TVドラマの台本を地上波放送前にSmartNewsで全文公開。オリジナル縦動画映像も同時公開(リンク

村上春樹『騎士団長殺し』過去最高130万部で発売、新刊をニュースとして届けたプロモーション戦略 | Advertimes(リンク

SmartNews、宇多田ヒカルMVで「タテ型動画」に名乗り:C CHANNEL、インスタに続き国内市場が加速 | DIGIDAY[日本版](リンク

ももクロ、SmartNewsを24時間ジャックしたコラボ縦動画をSmartNews・YouTubeで公開 | musicman-net(リンク

BIGBANGがスマホをジャック!? 縦動画と360度動画が今だけスマニューで見られる! | AppBank(リンク

SmartNews×GReeeeN、1日限定のコンテンツを公開 |Markezine(リンク

■ 本件に関するお問い合わせ先
スマートニュース株式会社 広報 pr_jp@smartnews.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事