logo

東京ビックサイトで開催される「Japan IT Week春」に一般企業のPR向け「セルアニメ」制作を出展

株式会社ジーアングル 2017年08月24日 11時13分
From 共同通信PRワイヤー

2017年5月10日

株式会社ジーアングル

東京ビックサイトで開催される「Japan IT Week春」に一般企業のPR向け「セルアニメ」制作を出展

総合デジタルコンテンツ制作大手の株式会社ジーアングル(代表取締役・高橋一誠、本社・東京都渋谷区)は2017年5月10日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「Japan IT Week春」に出展します。TVや劇場用のアニメーションと同じ手法で一コマ一コマを手書きで描く高品質なアニメーション「セルアニメ」を、一般企業向けに制作するサービス「AniMessage(アニメッセージ)」の展開をPRします。
【画像: リンク

アニメと広告-AniMessage-ホームページ
リンク

AniMessage(アニメッセージ)で制作する「セルアニメ」とは、一コマ一コマ丁寧に手書きで描き起こす手法で制作するもので「きめ細かい動き」を描写できることから、「極めて美しい世界観」を表現できるのが最大の特徴です。

一般的なTVアニメや劇場用アニメも同じ手法で制作されますが、同じ「セルアニメ」でも「TVアニメ」は制作スケジュールが過密なことから、「劇場用アニメ」に比べ品質面で見劣りするのが現状です。ジーアングルが制作するアニメの品質は「劇場用アニメ」のレベルに達しており、一般的な「TVアニメ」の品質を上回ります。

【PR内容】
「Japan IT Week春」において、ジーアングルでは「AniMessage(アニメッセージ)」には以下の様なメリットがあることをPRします。

▼「極めて美しい世界観」を表現でき、特に若年層への訴求力が抜群に高い。
▼企業イメージや、商品の特性を「分かり易く」伝えることが可能。
▼実在する「著名人」を使用した「実写版の企業PR」と比べ、「契約料」や
「スキャンダルによるトラブル」が発生せず、「著名人の属性による偏見」のリスクもない。
▼有名声優のネームバリューにより、FacebookやTwitterを使用した拡散効果も促せるなど、「SNS」との相性が良い。

【画像: リンク

【高品質アニメーションが求められる社会的な背景】
映画「君の名は。」の大ヒットもあり、日本の高品質アニメーションの評価が改めて世界的に高まっています。一方、PRに活用した著名人のスキャンダルがひとたび週刊誌で発覚したことで、多額の損失を受けるスポンサー企業の実例も数多く見受けられるようになっています。こうした中で、「地方自治体」や「大手食品メーカー」などを中心に高品質アニメーションを使ったPR活動を展開している企業や団体が増加しています。

【サービス概要】
▼(メインターゲット)・・大企業。
▼(料金)・・・・・・・・最低価格でも500万円程度(動画尺60秒程度)。
▼(主な用途)・・・・・・企業PR用のウェブCM。
▼(制作期間)・・・・・・4ヶ月ほど。
▼(作品サンプル) 
リンク
※100秒ほどの長さですが、1000枚の絵を描き起こしています。

【体制】
ジーアングルでは6名からなるアニメーション専門の部署を社内に新たに設置しました。このメンバーを中心にして、豊富なネットワークの中から最適な外部クリエイターを登用することで、数多くの案件に対応します。

【会社概要】
ジーアングルは「総合デジタルコンテンツ制作」で国内最大級の制作実績を誇り、「実写による映像制作」から「アイドル歌手のプロデュース」まで様々な「コンテンツ」を生み出しています。第一線で活躍中のミュージシャンや著名なナレーターが多数登録しており、大手ゲームメーカーが開発したゲーム用のアニメーションに「BGMや効果音」を乗せる仕事が主力事業の一つになっています。このため、「セルアニメ」制作に対応できる優秀な外部人脈に強く、有名声優のキャスティングも可能です。更には自社スタジオをフル活用することで、予算や納期に合わせて最適なアニメーション制作を提供することが可能です。

株式会社ジーアングル
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-6恵比寿ISビル3F
TEL:03-6721-7900/FAX:03-6721-7901
(ジーアングルHP) 
リンク

担当:
田島大樹(たじま・だいき)
馬田健志(うまた・けんじ)
平田創己(ひらた・そうき)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。