logo

「WealthNavi」スマートフォンアプリのiOS版を提供開始

ウェルスナビ株式会社 2017年05月10日 09時30分
From PR TIMES



 世界水準の資産運用サービスを提供するロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を展開するウェルスナビ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:柴山和久)は、「WealthNavi」スマホアプリのiOS版を提供開始しましたことをお知らせします。

 「WealthNavi」のスマホアプリは、スマホだけでロボアドバイザーによる高度な資産運用が可能となっています。TouchIDログイン機能で資産状況のチェックをスムーズに行え、スマホアプリならではの軽快なグラフ操作も実現しました。日本国内の投資一任契約型のロボアドバイザー提供会社において、スマホアプリとウェブアプリの双方で口座開設から取引まですべての機能が完結する設計となっていることは大きな特徴です。

※「WealthNavi for SBI証券」、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」をご利用の場合、現時点では対応しておりませんが、順次対応していく予定です。


[画像: リンク ]


■対応端末・ご利用方法
・iOS 8.0以上 ※Android版は後日サービス開始予定です。
・アプリダウンロードURL:リンク
・「WealthNavi」に直接お申込みをいただいた場合のみご利用いただけます。
※「WealthNavi for SBI証券」、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」をご利用の場合、現時点では対応しておりませんが、順次対応していく予定です。同様に、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)経由でご利用の場合にも、今後対応予定です。

■「WealthNavi」の主な特徴
1.全ておまかせの資産運用
世界の富裕層や機関投資家が利用するノーベル賞受賞理論などに基づいた資産運用アルゴリズム・最先端の機能で、高度な知識や手間なしに、自動で国際分散投資を行えます。

2.中長期的に安定的に資産を形成していきたい方へのサービス
ロボアドバイザーが最適ポートフォリオを作成、個人投資家が陥る心理的な壁に邪魔される ことなく、適切な資産配分の維持や積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

3.高い機能で効果的・効率的な運用をサポート
中核となる技術について特許を取得している「リバランス機能付き自動積立」や「自動税金最適化(「DeTAX」)」機能が、お客様の効率的・効果的な運用をサポートします。

4.明瞭な手数料、運用方法もホワイトペーパーで公開
手数料は預かり資産の評価額に対し1%(年率、消費税別※)のみ。また、資産運用方法をホワイトぺーパーで公開しており、ホームページ上でどなたでもご覧いただけます。
※預かり資産が3,000万円を超える部分は0.5%(年率、消費税別)の割引手数料が適用

■ウェルスナビ株式会社の主な特徴
 最新のテクノロジーを駆使して、世界の富裕層・機関投資家が行っている世界水準の資産運用サービスを、ネットを通じて提供しています。昨年7月の「WealthNavi」の正式リリースより9ヵ月で、預かり資産100億円、申込件数18,000口座を超えており(4月28日時点。5月9日時点では申込件数20,000口座を突破)、特に20-50代の働く世代を中心に利用されています。

 従業員の過半数がエンジニアという「モノづくりができる金融機関」であることを特長としており、誰でも利用しやすく、透明性・客観性の高いフィデューシャリー・デューティーを徹底したサービスづくりを心がけております。今回提供を開始するスマホアプリのiOS版に続き、「お釣りで資産運用ができるサービス」の提供開始を近く予定しています。「長期・積立・分散」投資の普及を通し、働く世代の資産形成の一助となるべく、今後もサービスの開発に努めていきます。

※預かり資産残高は、入金金額の累計より出金金額の累計を差し引いた額を表しています。
※預かり資産残高および申込件数は、「WealthNavi」、「WealthNavi for SBI証券」、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の合計値です。

■会社概要 ウェルスナビ株式会社
会社名 ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者 代表取締役CEO 柴山和久
設立 2015年 4月 28日
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル3F
資本金 21億5,425万円(資本剰余金を含む)
URL リンク
事業内容 第一種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業
関東財務局長(金商)第2884号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。