logo

「ヨガ棒」が販売数量5,000本を突破!

株式会社Alfree 2017年05月08日 11時00分
From PR TIMES

Michiko’s Style代表 峯岸道子が開発した「ヨガ棒」

「ヨガ棒」が販売数量5,000本を突破!
Michiko’s Style代表 峯岸道子が開発した「ヨガ棒」の販売数量5,000本を突破しました。
この商品は、「障害から回復しようとする方や、高齢の方が、麻痺のある肩を自ら動かせる助けがしたい」という思いから、ヨガインストラクターでハンディキャップヨガの啓もうをライフワークとする峯岸 道子が開発しました。
リンク

Michiko’s Styleと株式会社Alfreeは動画・VR分野で協力関係でございます。



[画像: リンク ]

■2010年に峯岸が開発したヨガ棒
ヨガの練習に取り入れることで、動作の安定性はぐっと高まり、ごまかしのきかない補助具でありますので、容赦なく拓いてくれます。

【開発背景】
考案のきっかけは、片麻痺のある方の動きにくい右腕を何とか動かしていきたい、と思いから生まれたのがヨガ棒です。
ヨガ棒の一番の特色である「テコの原理」を用いて、動きにくい右腕を上げることに成功し、多くの人に動かなくなった体の部位が動くようになる感動を味わってほしいという思いから商品化がされました。

【今後の展望】
・ VR,アプリを駆使した最先端技術を駆使した動画配信
多くの人にヨガ棒のメリットを感じてほしいため、実際にインストラクターがいなくてもヨガ棒が体験出来るアプリによる動画配信、VR動画による配信を準備しております。
リンク

・ヨガ棒指導者養成の強化
現在、各地よりヨガ棒に関するお問い合わせや、ヨガ棒を使用したクラスの開講を望む声を多数頂いております。 しかしながら、講師の不足により開講が出来ない状況でした。その状況を打破するため、ヨガ棒インストラクターの育成を積極的に行います。
こちらもアプリによる指導者養成の動画の準備をしております。

【製品の概要】
1.商品名:「ヨガ棒」
2.発売地域:全国
3.サイズ:約150cm×3.5cm径
4.重さ:約700g
5.素材 : アルミ合金、NBR(本体)、ポリエチレン(ハンドル)
リンク

<3つの特長>
1.てこの理論
棒の形状であることで働く「てこの原理」。
この原理を使えば、動かしたい方向に対して反対側の小さな「押す」力で、動きをコントロールすることができます。
2.長さ
ヨガ棒は150cm。この長さがあれば、手や足を伸ばした際にもまっすぐの軸がサポートされ、正確なアジャストメントに導くことができます。
3.堅さ
堅さがあることで、多少の負荷も大丈夫。
また、ストラップではどうしても緩んでしまいバランスが取れないアジャストメントにも対応できます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。