logo

Sinchが最新鋭Video SDK製品を発売

Sinch 2017年05月09日 17時35分
From 共同通信PRワイヤー

Sinchが最新鋭Video SDK製品を発売

AsiaNet 68467 (0682)

【ストックホルム2017年5月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*インアプリ・ビデオ通話の迅速かつ容易な統合を実現

CLX Communications AB(上場)(STO: CLX)の1部門Sinchは、最新鋭のVideo SDK(リンク )製品の発売に成功したと発表した。これによって、優れた統合リアルタイム・ビデオ通話機能が、市場をリードする同社の音声製品ポートフォリオに加わる。

(Logo: リンク
(Logo: リンク

この新しいSinchのVideo SDK製品は、あらゆるオンラインないしはモバイル・アプリケーションからビデオ通話を可能にするクロスプラットフォーム統合への急速に拡大する要望に応えるために必要なツールとスケーラブルなインフラストラクチャーを開発者に提供する。

Sinchのアンドレアス・ベルンストロム創業者兼最高経営責任者(CEO)は次のように語った。「ビデオ通話機能をさまざまな音声ツールに組み込むことは、企業が顧客と関わり合う新たなビッグチャンスを提供する。これまで、複雑なプロセスは多くの場合、アプリ開発者にとって手が届かなかったものであった。当社のVideo SDKの発売ですべてが一変する。Video SDKが世界中の開発者に高品質ビデオ通話機能をアプリに組み込むために使い勝手が良く、時間効率が良いツールを提供するからである。あらゆる音声アプリケーションにこの機能を組み込むことは、顧客がブランドと取り交わす通信体験を強化し、向上させる」

ビデオ通話機能は企業にとって主要な成長分野であるとうたわれている。対面のやり取りによって、直接のやり取りができる側面が加わるからである。SinchのVideo SDK製品の機能性によってユーザーエンゲージメントが深まるのは、参加者がWhatsApp、Skype、Messengerなど他のプラットフォームのビデオ通話に参加するためにアプリやウェブサイトのセッションを切断する必要がなくなるからである。

典型的な使用事例には、ヘルスケア、デーティング、顧客サポート、教育の分野や遠隔のチームや場所の間の企業の共同作業におけるインアプリ・インタラクションが含まれる。

Video SDKは、プロキシ―・フォールバック、ポーズ、リジューム、スクリーンショット・キャプチャーなどの機能を内蔵している。さらに、SDKは適応解像度、ビデオコーデックを使用するWebRTCアーキテクチャーを誇っている。これはアップタイム、HD画像解像度など高品質サービス基準を保証する。

Sinchの新しいソリューションはiOS、Android、JavaScript SDKで利用可能で、開発者はWiFiないしはモバイルデータ接続を介して迅速かつ容易にピアツーピア・ビデオ通話機能をアプリや仕事に組み込むことができる。

▽CLX Communicationsについて
CLX Communications(CLX)は、企業およびモバイルオペレーター向けのクラウドベース通信サービスおよびソリューションで世界をリードするプロバイダーである。CLXのモバイル通信サービスは、企業が迅速かつセキュア、かつコスト効率に優れた形で顧客および、コネクテッドデバイス、すなわちインターネット・オブ・シングス(IoT)と世界中で通信することを可能にする。CLXのソリューションは、IoT向けにモバイルメッセージングサービス(SMS)、音声サービス、モバイルコネクティビティーサービスを通じてビジネスに不可欠な世界通信を実現する。CLSは創業以来、収益を上げてきた。グループはスウェーデンのストックホルムに本社を置き、20カ国以上にプレゼンスを確保している。

CLX Communicationsの株式はNASDAQ Stockholm(XSTO: CLX)で取引されている。

詳細はCLX Communications ABのウェブサイトリンク を参照。

▽Sinch! リンク について
Sinch(リンク )(CLX Communications AB(株式上場)の1部門)は、音声、ビデオ、認証をこれまでよりも容易にアプリに組み込むことを可能にするクラウドベースのモバイル通信プラットフォームである。当初Rebtelから2014年5月にスピンアウトしたSinchチームは、音声業界で100年以上の開発経験を有し、この技術と専門知識を開発者がダウンロードして組み込むことができる幅広いSDKやAPIに注ぎ込んでいる。

Sinchプラットフォームに接続し、アジャイルなインフラストラクチャー開発を経験するとともに、Sinchが長年培ってきた音声エンジニアリング専門技術と、キャリアとの信頼できるパートナーシップを活用していだだきたい。Sinchは、あらゆる開発者が使用できるSDKを容易に統合することによって、通信インフラストラクチャーの構築および維持の複雑性を解消する。

ソース:Sinch

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。