logo

後部座席で自分だけの映像を楽しめるプライベートモニター

~幅広い車種に取り付けられる“HIGHポジション”タイプ4機種をラインアップに追加~



[表: リンク ]


※「TVM-PW1000T」は、「TVM-PW1000」 2台分の内容を1つにしたセット商品です。
※「TVM-PW910T」は、「TVM-PW910」 2台分の内容を1つにしたセット商品です。


[画像1: リンク ]

 パイオニアは、リアモニターの新しい提案として、クルマの後部座席で自分だけの映像を楽しめるプライベートモニターを昨年の6月に市場へ導入しました。
 今回、幅広い車種に取り付けられる“HIGHポジション”タイプの、10.1V型ワイドXGA液晶パネル搭載高画質モデル2機種と9V型ワイドVGA液晶パネル搭載モデル2機種を発売し、プライベートモニターのラインアップを拡充します。

【主な特長】
1) 高度な映像処理技術と高性能パーツにより、高精細な映像再生を実現
・ハイビジョン画質対応10.1V型ワイドXGAモニター (TVM-PW1000T/PW1000)
 ハイビジョン画質の映像再生が可能な10.1V型ワイドXGA液晶パネル(約307万画素)で、フルカラー(約1,677万色)を表現できるため、高精細で鮮やかな映像を大画面で楽しめます。また、映像信号を高い精度で輝度信号(Y)と色信号(C)に分離し、色にじみやざらつきを抑える「3次元Y/C分離回路」を搭載しており、RCA入力された映像も鮮明に表示します。

・高精細な9V型ワイドVGAモニター (TVM-PW910T/PW910)
 高輝度LEDをバックライトに採用した9V型ワイドVGA液晶パネル(約115万画素)で、臨場感あふれる映像を楽しめます。くっきりとした映像を描き出す「アドバンスドシャープネス回路」を搭載しており、鮮やかな色彩と奥行感のある映像を表示します。

2) スマートフォンのミラーリングなど、前席のディスプレイと独立した楽しみ方が可能
 スマートフォンやメインユニットを本機のHDMI入力に接続すれば、スマートフォンからのミラーリング映像や、メインユニットから出力された映像を高画質で楽しめます。また、お手持ちのヘッドホンを接続すれば、HDMIソースの音声を一人で楽しむこともできます。

3) 幅広い車種に取り付けられる“HIGHポジション”タイプ
 クルマのシートに装着されたアシストグリップや格納式テーブルなどとモニター部が干渉しない“HIGHポジション”タイプなので、幅広い車種への取付が可能です。スタイリッシュなモニターに搭載したブルーLEDイルミネーションで、夜間の車室内を高品位に演出します。
[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。