logo

『ブログを正しく使ってSEOを成功させる方法』セミナー【東京・大阪開催】

一般社団法人全日本SEO協会 2017年05月09日 13時21分
From PR TIMES

~ ブログの効果的な書き方、運営方法を知って検索順位アップする技術 ~

一般社団法人全日本SEO協会(本部:東京都港区、代表理事:鈴木将司、以下全日本SEO協会)は、検索で“上位表示する方法”を分かりやすく解説する『ブログを正しく使ってSEOを成功させる方法』セミナーを、2017年5月29日に東京国際フォーラム、2017年5月19日に大阪梅田で開催いたします。



[画像1: リンク ]


ブログこそが自社サイトの検索順位アップの鍵!

ブログを使って自社サイトの検索順位アップをしている事例が増えています。
Googleはコンテンツを継続的に増やすサイトを高く評価するからです。
自社サイトにコンテンツを増やすのに最も現実的な方法がブログの更新です。

しかし、そのやり方を間違えると検索順位が上がるどころか、下がるという逆効果を生み出すこともあります。

このセミナーでは、自社サイトにどのようにブログを設置して、そこで誰が何をどうやってブログ記事を書けば自社サイトの検索順位アップを実現するのか詳細に渡り、その全ステップを徹底解説します。

実際にブログを更新することにより大きくアクセスを増やし、これまで目標にしていたキーワードで上位表示を実現したかの実例も多数紹介します。

さらに、セミナーの後半ではただアクセスを増やし、検索順位アップをするためにブログを更新するのではなく、自社サイトの成約率を上げるためにはどのように踏み込んで記事を書けば良いのかまで成功事例を用いて解説します。

このセミナーは・・・

・これまでブログを更新して来たが何も大きな成果が上がらなかった方

・これから本格的にブログを書いて自社サイトのアクセスアップ、上位表示をしたい方

・現在のブログ更新の方法を改善して成約率をアップして売上を増やしたい方

のために即効性があり、すぐにでも始めたくなる実践的ノウハウを得ることが出来ます。

また、このセミナーで提案するブログ更新のノウハウは法人、個人、業種を問わずあらゆるジャンルに適用可能なノウハウになっています。

ブログを使ったSEOを自分の物にして成果を上げたい方はご参加下さい。

【セミナープログラム】

■検索順位を上げるブログの書き方と下げる書き方の違いは?

■ブログ更新を始めてからどのくらいで成果が出るのか?

■ブログ記事内の正しいキーワードの書き方

■ブログ記事の適切な文字数

■更新の頻度はどのくらいが良いのか?

■検索順位アップ、アクセスアップにつながっている人気ブログの実例

■通常のアクセスの40倍以上もアクセスを増やした記事の特徴とは?

■記事のネタを簡単に見つける方法

■ブログを使ったSEOを成功させるための全ステップ解説

■複数のブログを運営する場合の注意点

■WordPressプログと無料ブログの運営方法の決定的な違いは?

■忙しくて時間をかけれない場合はどうすれば良いのか?

■最低限の努力で最大の成果を上げる記事の書き方

■書けば書くほど売上を増やすブログ記事書き方

■ソーシャルメディアとの正しい連携方法

■ブログ更新が上達した先に見えてくる思いがけないものとは?

[画像2: リンク ]


【講師】
一般社団法人全日本SEO協会
代表理事 鈴木将司

【参加対象】
Webサイトを運営する法人、個人及び全て
※筆記用具をご持参ください。

【セミナー詳細ページ】
リンク

【東京開催の概要】
開催日 :2017年5月29日(月) 15:10-17:10(受付開始:14:50~)
会場 :東京国際フォーラムG棟G504号室(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
(詳細地図 リンク )
参加費 :8,000円(税込み)
定員 :40名
お申し込み:03-3519-5315
リンク
[画像3: リンク ]


【大阪開催の概要】
開催日 :2017年5月19日(金) 15:10-17:10(受付開始:14:50~)
会場 :全日本SEO協会 大阪本部セミナールーム(大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第三ビル15階1号)
(詳細地図 リンク )
参加費 :8,000円(税込み)
定員 :40名
お申し込み:06-6155-8123
リンク
[画像4: リンク ]


■協会概要
名称 : 一般社団法人全日本SEO協会
所在地 : 東京本部
〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目11-1 丸万1号館7階
大阪本部
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第三ビル15階 1号
代表 : 代表理事 鈴木将司
活動内容: SEO教育事業とSEO技術情報の提供。
URL : リンク


[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。