logo

会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)

支給予想額は平均507,265円、“金融・保険業”が最高の693,939円

今夏のボーナスまで、あと1カ月半余り!という方も多いのではないでしょうか。今回は民間企業に焦点を当てて、15~64歳の正社員1,000名を対象に今年のボーナスに関する意識調査を実施しました。



<Trend Eyes vol.63>
[画像1: リンク ]

■Topics


2017年夏のボーナス、”受給予定”は83%、2割弱は“受給なし”
ボーナスの見込み額は、平均507,265円、“金融・保険業”が最高の693,939円
“受給なし”の理由は、「支給制度がない」54%が最多


■調査結果

【1】2017年夏のボーナス、”受給予定”は83%、2割弱は“受給なし”

民間企業に勤める正社員に、この夏のボーナスの支給についてたずねると、「支給される予定」は83%、「支給されない予定」は17%という実態が明らかになりました。さらに会社の従業員規模別に見てみると、規模が大きくなるにつれ、受給予想が高まる傾向があり、最も高いのは“500人~1,000人未満”規模の企業で95%でした。

【図】 2017年夏のボーナス 会社員の支給予想
ベース:全体 / n=1,000
[画像2: リンク ]



【図】 2017年夏のボーナス 会社員の支給予想 <従業員規模別>
ベース:全体 / n=1,000
[画像3: リンク ]



【2】ボーナス受給予定者の平均見込み額は「507,265円」、「金融・保険業」が最高の「693,939円」

ボーナスを受給予定の会社員の皆さんに、いくら支給される見込みかをうかがったところ、平均額は488,910円でした。業種別にみると、平均額がもっとも高いのは金融・保険業で693,939円、一方もっとも低いのはサービス業で351,258円となっています。※1
※1 ボーナスの見込み支給額において「わからない」と回答した人を除いた平均金額

【図】 ボーナスの見込み金額(平均)
ベース:2017年夏のボーナスを受給予定の会社員/ n=725(見込み額がわからない人を除く)
[画像4: リンク ]



【図】 ボーナスの見込み金額 <業種別>
ベース:2017年夏のボーナスを受給予定の会社員 / n=834
[画像5: リンク ]

※グラフのデータラベルは、5%未満を非表示にしています。


【3】”受給なし”の理由は、「支給制度がない」54%が最多

ボーナスの受給がない人にその理由をきくと、「支給の制度がない」54%、「制度があるが支給が見込めない」と「制度はあるが、対象外である」が共に22%でした。


【図】 ボーナス受給がない理由
ベース:2017年夏のボーナスの受給予定が無い会社員 / n=166
[画像6: リンク ]



▼ 調査の詳細や、その他の調査結果、クロス集計等は、以下のURLからダウンロードいただけます。
Q. ボーナス支給見込み額の、昨年と比べた変化
Q. ボーナスの使い道
Q. ボーナスで「投資する」と回答した人が買う具体的な金融商品
Q. ボーナスで「ローン返済をする」と回答した人が返済する具体的なローンの種類
Q.ボーナスアップのために取り組むこと
Q. 身の回りの景況感(現状)(今後2~3カ月先)
Q. 従業員規模、上場区分 ・・・など


調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)
リンク

[画像7: リンク ]



▼調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 全国15~64歳の民間企業に勤める正社員の男女(マクロミルモニタ)
割付方法 総務省 平成28年労働力調査(速報)による、役員を除く正規の職員・従業員×性別×年齢階級の人口動態割付 /合計1,000名
調査期間 2017年4月19日(水)~20日(木)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

[画像8: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事