logo

cloudpackとインフォテリア、IoT分野で協業

アイレット株式会社 2017年05月09日 11時30分
From PR TIMES

「Japan IT Week 春」(5/10~5/12、東京ビッグサイト)のcloudpackブース内にて相互のIoTソリューションを組み合わせたデモンストレーションを展示

アマゾン ウェブ サービス(AWS)※1を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤将平)と企業データ連携No.1※2製品「ASTERIA」シリーズの開発・販売を行うインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)分野での協業を発表します。
両社は、cloudpackが提供している、SORACOM※3 とAWSを活用したIoT機器からのデータ収集基盤の構築サービス「IoTpack」と、インフォテリアの提供するIoT活用モバイルクラウド基盤「Platio」が連携したデモンストレーションを「2017 Japan IT Week 『IoT/M2M展』」(主催:リード エグジビション ジャパン、会期:2017年5月10日~12日、場所:東京ビッグサイト)のcloudpackブース※4にて展示します。




<両社の協業によるサービス提供イメージ>


[画像: リンク ]

※1:米アマゾンウェブサービス社が提供する世界トップクラスのクラウドサービス。
※2:テクノシステムリサーチ社「2016年ソフトウェアマーケティング総覧EAI/ESB市場編」
※3:株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区)が提供するIoT 向けのデータ通信を提供するサービス
※4:ソラコム社出展ブース内(西14-77)

■ IoT分野で協業する背景~自動化だけでない、現場をスマート化するIoTを実現

IoT/M2M(Machine to Machineの略語:機器間の通信)プラットフォームが各社より提供され、通信ネットワークやクラウドなどのインフラ環境が整う中、IoTデバイスが収集したデータをどのように活用するかについての議論が活発になってきています。しかし、大量のデータを高い次元で活用できる技術者は不足している状況です。文部科学省の発行する「平成28年度版科学技術白書」によると、データ分析の訓練を受けた大学卒業生の数は、2008年単年の米国が2万4730人に対して日本は3,400人と大きな差がある上、その米国でもマッキンゼー・アンド・カンパニーによれば2018年までに高度なアナリティクススキルを持つ人材が14万人~19万人不足すると試算されています。

こうした状況を受け、インフォテリアでは、高度なデータ分析に基づく自動化を前提としたIoTである「IoT/M2M」だけでなく、IoTを活用することで現場スタッフの業務をスマート化する方法を「IoT/M2P(Machine to Person:人と機械の連携)」として提案しています。

インフォテリアは2017年2月より、この「IoT/M2P」のコンセプトを実現する製品としてIoT機器との接続が可能なモバイルクラウド基盤「Platio」を提供しています。Platioを使えば施設や設備の保守管理現場、製造現場、介護現場などのスタッフが、モバイル端末で情報を閲覧したり、IoT機器による自動入力によって支援された業務報告や点検報告などを実施するアプリを手軽に構築できます。しかし、Platioだけでは遠隔地にある情報を取得することはできません。

一方cloudpackでは、SORACOMを活用するIoT/M2M機器に最適なAWS環境を構築するサービス「IoTpack」を提供しています。IoT/M2M機器からのデータをAWSクラウド上に保管するため、ビックデータ解析をはじめとするAWS各種サービスとの連携も容易です。

そこでこの度、両者が協業し、IoTpackで構築されたIoT/M2M基盤とPlatioによるモバイルクラウド基盤をWeb APIを使用して連携します。これにより、遠隔地にあるIoT/M2M機器からクラウドへのデータ収集、および現場スタッフのモバイル端末によるデータ閲覧や現場のIoT機器を活用したスマートな報告業務などが可能となります。

■ 「2017 Japan IT Week 春・IoT/M2M展」での展示内容
cloudpackとインフォテリアでは、この度の協業の内容を具体的にイメージして頂くために以下の2つのデモを準備しました。

1. パイプの遠隔地からの状況把握と、現場での点検報告

パイプに設置されたセンサーで測定された温度や振動などの情報がゲートウェイに送られ、ゲートウェイからSORACOM Air SIMでAWS環境へデータが送信され、Web APIでPlatioのサーバーにデータが渡されます。施設の保守担当者などが、iPad上のPlatioアプリからセンサー状況を閲覧できる上、点検報告などの業務報告が可能となります。

<利用機材>
[表1: リンク ]



2. 要介護者の遠隔での状況把握と、現場での点検報告

部屋の快適な温度や湿度、要介護者がベッドにいるかいないかなどの環境情報が、仮想の要介護者用の部屋やベッドに設置されたセンサーで計測され、iPhone経由でクラウドに送られます。

一方で、要介護者の心拍数や睡眠時間などの活動情報がヘルストラッカーで測定されiPhone経由でクラウドに送られます。こうした環境情報や活動情報がWeb APIでPlatioのサーバーに送られ、介護者はiPad上のPlatioアプリから要介護者の環境や活動の状況を閲覧できる上、血圧・体温などの測定報告業務を自動入力で効率化することができます。

<利用機材>
[表2: リンク ]



■ 「2017 Japan IT Week 春・IoT/M2M展」開催概要
Japan IT Weekとは日本最大の1,600社が出展する総合IT専門展で、13の展示会が同時開催されます。『IoT/M2M展』は、近年大きな注目を集めるM2Mに特化した日本初の専門展で、M2Mシステムを構築するための無線通信技術、センサーや、様々なアプリケーションが一堂に集結します。


[表3: リンク ]



■「cloudpack」について( Webサイト リンク

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後5年連続で認定されています(※2)。

運営会社 :アイレット株式会社 リンク
所在地 :東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金 :7,000万円
事業内容 :クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、
サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
(※2)日本初の5年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

■「インフォテリア株式会社」について( Webサイト リンク

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に5,928社(2016年12月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、現在1,170件(2016年12月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

【製品に関するお問い合わせ先】

アイレット株式会社 cloudpack事業部 製品担当:後藤和貴
TEL:0120-677-989 / E-mail: sales@cloudpack.jp
お問い合わせフォーム: リンク
インフォテリア株式会社 Platio事業部 製品担当:松村宗和
TEL:03-5718-1250 / FAX:03-5718-1261 / E-mail: pm@infoteria.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。