logo

バラクーダネットワークス、メールベースのゼロデイ攻撃、標的型攻撃、ランサムウェアなど、既知/未知の脅威を安全に防御するセキュリティ機能を新たに実装

Barracuda Email Security GatewayのオプションサービスとしてATP(Advanced Threat Protection)を提供

2017年5月9日(火)東京発 -セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるバラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越 大造、以下バラクーダネットワークス)は本日、メールの包括的なセキュリティソリューションを提供するBarracuda Email Security Gateway(旧Barracuda Spam Firewall PLUS)にマルウェア、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃、ランサムウェア、フィッシングなど、既知/未知の脅威を安全に防御する高度なセキュリティ機能を実装したことを発表しました。

2017年5月9日(火)東京発 -セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるバラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越 大造、以下バラクーダネットワークス)は本日、メールの包括的なセキュリティソリューションを提供するBarracuda Email Security Gateway(旧Barracuda Spam Firewall PLUS)にマルウェア、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃、ランサムウェア、フィッシングなど、既知/未知の脅威を安全に防御する高度なセキュリティ機能を実装したことを発表しました。

昨今の脅威は高度化・複雑化し、日々進化していますが、既存のセキュリティ対策ソリューションでは対処できないケースが多発しています。バラクーダネットワークスでは、こうした脅威を多層レイヤにより、包括的に防御するソリューションを構築しており、シンプルで使いやすいメールセキュリティソリューションは、新たに登場する脅威からユーザを保護するだけでなく、複数の製品やソリューションを管理する煩雑さを解消します。

実装されたセキュリティ機能
新たに追加されたATP(Advanced Threat Protection)およびリンクプロテクション(Link Protection)はクラウド環境のCPL(クラウドプロテクションレイヤ)機能の一部としてBarracuda Email Security Gatewayに実装されます。受信メールをまずCPLでスキャン処理して脅威を排除した後、組織のネットワーク内部にあるBarracuda Email Security Gatewayへ転送することで、ネットワークへの脅威の侵入を未然に防ぎ、フィッシングやゼロデイ攻撃を阻止することで、安全なメールサービスを継続的に実現します。

・ATP(Advanced Threat Protection)による添付ファイルスキャン
受信メールの添付ファイルを分析し、新たな脅威を検出した際にブロックするかどうかを判定します。クラウド環境で添付ファイルはスキャンされ、脅威が検出されない場合、問題のないメールとして受信サーバに送信される仕組みになっています。これにより、高度なマルウェア、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃、ランサムウェアなど、Barracuda Email Security Gatewayの従来のウイルススキャン機能では検出することが困難であった攻撃への対応が可能になります。

ATPは、既知および未知のあらゆる高度な脅威を包括的かつリアルタイムに検出し、ブロックするサービスです。本サービスでは、バラクーダネットワークスが提供するすべてのセキュリティ製品で脅威インテリジェンスを共有し、急速に複雑化、高度化している脅威からネットワーク、ユーザ、データ、そしてWebアプリケーションを動的に保護することができます。

・リンクプロテクション(Link Protection)
マルウェアをクライアントへ送り込むためによく用いられる手法に、不正なコードを含むコンテンツへアクセスを誘導するURLリンクが使われます。メールの本文中に含まれるこのURLへアクセスすることで気づかないうちに不正なコードがクライアントへダウンロードされ実行されることで、さらに危険な攻撃が行われます。リンクプロテクションは、自動的にメールの本文中に含まれるURLリンクを書き換えて、URLをクリックしたときにクラウド環境のサンドボックスでリクエストを検査し不正なURLリンクをブロックします。

また、フィッシングやタイポスクワッティング(実際に存在する安全なURLを巧妙に偽装して本物に見えるようにし、危険なURLへユーザが意図せずアクセスしてしまうことを促すという攻撃)を防ぐこともできます。


大越 大造のコメント
(バラクーダネットワークス、執行役員社長)
「Barracuda Email Security Gatewayは、バラクーダネットワークスの製品の中でも根幹を成す最も歴史のある製品であり、10年以上にわたり最新の脅威に対応できるように進化し続けています。この度ご提供開始したATPは、まさに高度化、複雑化している脅威に対処するサービスであり、まずは企業ネットワークと分離された安全なクラウド環境で検査することで、企業ネットワークに負荷をかけることなく、ビジネスの継続性を重視したソリューションになっています。」

【ご利用方法】
ATPは、Barracuda Email Security Gatewayのオプション機能としてご利用いただけます。
価格:200円/ユーザ(1ヶ月)より。詳細につきましては、販売代理店にお問い合わせください。
リンクプロテクションは、エネルギー充填サービスに含まれており、追加コストなしでご利用いただけます。

【バラクーダネットワークスジャパン株式会社について】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応のセキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。

Barracuda Web Application Firewallは2007年から7年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続(冨士キメラ総研:2014ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>)、さらにBarracuda Backupが統合型バックアップ専用アプライアンスの出荷台数で18四半期連続1位を獲得(IDC Worldwide Quarterly Purpose Built Backup Appliance Tracker, CQ2, June 2016 出荷台数で世界第1位)しています。

2013年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、リンク をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル5階
Tel:03-5436-6235
Fax:03-5436-5128
担当:マーケティング部
Email:jpinfo@barracuda.com
URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。