logo

Country Gardenのフォレストシティが第1陣居住者を歓迎

Country Garden Holdings 2017年05月08日 13時53分
From 共同通信PRワイヤー

Country Gardenのフォレストシティが第1陣居住者を歓迎

AsiaNet 68409 (0645)

【ジョホールバル(マレーシア)2017年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】
住宅購入者たちは、シンガポールの面前にできたマレーシアの新しい都市への投資価値の潜在的な成長について楽観的だ。

Country Gardenのフォレストシティ(Forest City)の新しい住宅所有者であるリュー氏は、新しいアパートを手に入れるために遠路はるばるやって来て、不動産管理スタッフから受けた温かい歓迎に対し大いに感謝した。リュー氏は「そんなに早く鍵を受け取れるとは思わなかった」と語った。購入時に、ちょうど1年後に新しいアパートを受け取れると告げられたとき、同氏はそれを信じなかった。リュー氏は現地を訪れ、キーを使って初めてドアを開けるまで、新しいアパートの鍵を本当に受け取ることができるのだろうかと思っていた。

アパートを含む建物の場所はもともとは水面下にあったが、埋め立て後はその立地の故に、多くの将来性と可能性を持つ新しい地区に変貌した。交通センター、5つ星ホテル、オーシャンフロントとビーチパークに面し商店が軒を並べる大通りなど、幅広いサポート施設がすでに開設されており、全面的に利用されている。

Photo - リンク
(写真説明:世界中からやって来た住宅所有者の最初のグループは、フォレストシティで新しい住居を所有)

住宅所有者は、Forest City Phoenix Hotelの敷地内にあるCountry Garden Fengqi Apartmentsに最初に完成した住宅を手に入れた。完成後、新しい住宅所有者は、掘り出し物である海に面した庭園を持つ132のアパートメントに居住する。また、新しいオーナーは24時間年中無休のホテルとスチュワードサービスを利用できるため、新しい環境で最大の利便性が保証される。彼らは、建設が速やかに完了したことを称賛し、新たに購入したアパートの評価額が増大するとの見通しに自信を示した。

Photo - リンク
(写真説明:フォレストシティの住宅所有者たちが自分たちの新居を綿密に点検)

Johor Iskandar Development Region(ジョホールイスカンダル開発地域)にある新しい20平方キロメートルの都市フォレストシティは、シンガポールの対岸にある都市や町の最前線にあり、マレーシア経済の新たな発展の中心にある。このプロジェクトの特徴は、交通ルートのレイアウト、垂直緑地、住宅と商業の精密な統合を含む3次元の階層化であり、観光、教育、健康、金融、電子商取引の発展に焦点を当てている。免税地域としての認可を受けているこの都市は、将来の発展のモデルである。Country Gardenはプロジェクトに巨額の投資を行い、プロジェクト立案・実行において、Sasaki、アクセンチュア、Arup、Greenergなどの一流国際企業のラインアップとチームを組んだ。

既に稼働している支援施設に加え最近導入された企業や団体には、アジアの大手ヘルスケア管理会社で台湾に本拠を置くMJ Groupも含まれており、同社はヘルスケア管理施設を建設する計画で同施設は年内にオープンの予定である。1世紀以上前に米ミネソタ州ファリボーで男女共学全寮制校として設立されたシャッタックセントメリーズ校が、8月に募集を開始し、来年8月に市内に開校する予定だ。7月に開店予定の免税店もある。

Photo - リンク
(写真説明:新しい住宅所有者を待つ「お帰りなさい」との表示)

Country Gardenは今年3月、プロジェクトの次のステップであるフォレストシティ・フェーズ2(Forest City Phase Two)の契約に署名した。同社は昨年12月に、国境を挟む産業開発の協力促進に寄与する都市の建設に協賛する36の企業と契約を交わしている。フェーズ2は、大型プロジェクトの8平方キロメートルの区域に、3つの18ホールのゴルフコース、5つ星のホテル、低密度住宅ビルの建設を計画している。世界有数のゴルフコース・アーキテクトの1人であるジャック・ニクラウスが設計したゴルフコースのうち最初のコースとホテルは5月に着工し、今年末までの営業開始の予定。

この種の国境を越えた協力を促進する中国政府のイニシアチブの一環として香港で開かれた、世界中の工場で利用可能な予備能力の使用を促進するイベントでは、フォレストシティが1つのモデルとして挙げられた。フォレストシティのユ・ルンゼ最高戦略責任者はこのイベントで、フォレストシティ・プロジェクトが幅広い産業に従事する企業からの投資誘致に焦点を当てた新たな段階に入ったと語った。

フォレストシティの最新の発展は、所有者たちによって認識されている。

前述の新しい住宅所有者であり、深セン市の台頭を目の当たりにした香港からの貿易投資家であるリュー氏は、「フォレストシティがシンガポールに隣接しているため、その将来を非常に楽観している。香港と隣接する中国本土南部の深センが果たす役割と似ているからだ」と述べた。同氏は、フォレストシティの立地の優位性を考慮して、マレーシアでフォレストシティの住宅を購入する機会を逃したくないと語った。

一家7人のための住宅を購入するためマレーシアの北西沿岸のランカウイ島からはるばるフォレストシティまでやって来たマレーシア人女性、シュハナさんは、「マレーシアにあり、シンガポールに近いプロジェクトであるフォレストシティは、 私たちにとり適切な投資オプションだ」と述べた。

Photo - リンク
(写真説明:シュハナさん一家が新しい自宅を点検)

フォレストシティの住宅所有者は、マレーシア、シンガポール、中国、インドネシア、日本、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、ロシア、オーストラリアなど23カ国からやって来る。Country Garden Holdingsは「Forbes Global 500」企業として、自国市場を超えて、マレーシア、オーストラリア、インドネシアを中心に国際市場に戦略的に進出している。Country Gardenは現在、全世界で700以上の開発プロジェクトを展開しており、300万人以上の住宅所有者にサービスを提供している。

Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク

ソース:Country Garden Holdings

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。