logo

ポルシェが業績記録を更新

ポルシェジャパン株式会社 2017年05月09日 13時23分
From 共同通信PRワイヤー

ポルシェが業績記録を更新

第1四半期:営業利益が約10億ユーロに増加

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、2017年度第1四半期の営業利益、売上高、販売台数および従業員数が前年同期を上回り、好調なスタートを切りました。営業利益率も16.7%から17.6%に増加しました。2017年度第1四半期の営業利益は8%増の9億6,700万ユーロ、売上高は55億ユーロ(2%増)に達し、販売台数は7%増の59,689台、従業員数は28,249人(13%増)でした。「この並外れた業績は、記録的な年となった2016年を受け継ぎ、すでに高かった水準をさらに更新しています」と、財務およびIT担当の取締役会副会長であるルッツ・メシュケは強調します。メシュケは、好調な業績を、最適化された費用構造やすぐれた製品構成だけでなく、長期にわたる為替ヘッジ戦略によるものだと考えています。

「当社の成功は、非常に魅力的な車両を適切な価格で提供することに基づいています」 ポルシェAGの取締役会会長のオリバー・ブルーメは、さらに続けます。「ニューパナメーラについては、スポーツツーリスモとともにプラグインハイブリッドモデルに好評を得ています。パナメーラ ターボS E-ハイブリッドなどのモデルは、ポルシェにおいてEモビリティと最高のスポーツ性能が矛盾するコンセプトではないことを実証しています。また、ポルシェは常に伝統的なポルシェの精神と新しいテクノロジーの結合を推進させています。そしてポルシェを、プレミアムセグメントにおいてデジタルモビリティソリューションのトッププロバイダーへと成長させるという明確な目標を念頭に置いています」

ポルシェは、車両のデジタル化に加えて、その他のデジタル製品、事業分野およびビジネスプロセスに焦点を合わせています。「世界中での調査活動は重要な側面です。私達は新しいトレンドを発見して評価する必要性が出てきています。革新的なテクノロジーへの早期参入は、ポルシェの価値を高める為のさらなる成長に必要不可欠です。シリコンバレーとアジアにおける活動計画もあります」とルッツ・メシュケは述べています。

ブルーメとメシュケは、2017会計年度において販売台数と売上高の安定した成長を予想しています。ポルシェは、外国為替レートの安定を条件に、昨年と同じ水準の営業利益の達成を目標としています。15%以上の営業利益率の達成という戦略的目標も継続します。これによってポルシェは世界で最も利益性の高い自動車メーカーとしての地位を保つことが可能になります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。