logo

がん画像を専門医が診断、適切なセカンドオピニオンを案内する『セカンドオピニオンアドバイザー』5月10日より!

株式会社ジェイマックシステム 2017年05月08日 13時00分
From DreamNews

がんと診断された患者が、自らの病状や治療方針について他の医師の意見を求める「セカンドオピニオン」へのニーズが高まっています。しかしながら、主治医を疑っていると思われたくないなど主治医への気遣い、いざ「セカンドオピニオン」を受けようとしても、探す方法が判らないなどの理由から、「セカンドオピニオン」を受けないまま不安を抱え治療に進む患者も多いのが現状です。
そんながんと診断された患者が、簡単に最適な「セカンドオピニオン」を探すことの出来る新サービス『セカンドオピニオンアドバイザー』が、5月10日(水)よりスタートすることになりました。

『セカンドオピニオンアドバイザー』は、患者ががんと診断された病院から紹介状、撮影した検査画像、検査データを代わりに取り寄せ、放射線診断専門医が改めて読影することで、患者の病状に適したセカンドオピニオンが受けられる医療施設のリストを提供し、その予約までを行う、これまでにない新しいサービスです。
また、預かった紹介状、検査画像、検査データなどの診療情報は、会員ページからいつでも参照できるパーソナルカルテとしても提供されます。

この『セカンドオピニオンアドバイザー』は、医用画像システム等のソフトウェア開発および販売を行う株式会社ジェイマックシステム(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:古瀬 司)が運営するものです。

■ セカンドオピニオン受診をサポートする新サービス
セカンドオピニオンで別の医師から客観的な意見を聞くことは、主治医の見立てを確認すると共に、自身が病状を理解・受容し、治療の選択肢やそのメリット・リスクを知る貴重な機会となります。そのうえで、自ら治療を選択することが後悔のない治療に繋がります。 また、この際に得た意見をもとに主治医のもとで、一層理解を深め治療に臨むこともできます。

医用画像システムのパイオニアであるジェイマックシステムは、病院の手続きを代行し、医用画像を専門家が診断したうえで、適切なセカンドオピニオン先を案内するサービスを開発いたしました。 これまで、セカンドオピニオンの電話相談を提供するサービスはありましたが、診療情報提供書の代行取得~医用画像の再精査~セカンドオピニオンの予約手配までを行うサービスはありませんでした。

■ サービス概要
サービス名:『セカンドオピニオンアドバイザー』
URL:リンク ※5月10日よりサイト公開
開始日:2017年5月10日(水)
利用料金:1回のご利用につき5万円(税込)
* 告知を受けた医療機関への診療情報提供書の請求料を含みます
* ご自身で診療情報提供書を請求し、送付いただける場合は、4万円(税込)となります
* セカンドオピニオン先での相談料は含みません

【患者に代わってセカンドオピニオンに必要な情報を取り寄せます】
  ↓
【放射線診断専門医が患者の状態を再度、精査】
  ↓
【結果から適切なセカンドオピニオン先をご案内】



~『セカンドオピニオンアドバイザー』 ご利用の流れ~
[1] Webから登録
登録フォームに必要事項を記入し、申込登録。申込書など関係書類が届きます。
[2] 申込書類を返送
申込書兼同意書と委任状を返送。(委任状は、病院への診療情報提供書の代行取得に使用)
診療情報提供書をご自身で手配されている場合は、申込書兼同意書と一緒に返送。委任状は不要。
[3] セカンドオピニオンの候補リストをチェック
会員ページにて、放射線診断専門医の読影報告書とセカンドオピニオンの候補リストを確認。
(当サービスで診療情報提供書を受領してからセカンドオピニオンの候補リスト提供まで、約1週間)
[4] 予約手配、セカンドオピニオン
候補リストから、希望する相談先を選択。
予約手配を行い、当サービスからセカンドオピニオン先へ診療情報提供書を事前に送付。
予約日時に選択した病院でセカンドオピニオンが受けられます。(相談料は別途お支払いが必要です)
※ 進捗状況やお預かりした診療情報提供書は、会員ページからいつでも閲覧可能。


【用語解説】
※ セカンドオピニオン…主治医以外の医師に、自身の状態、治療法などの意見を伺うこと。
※ 診療情報提供書…診断を受けた患者のX線、CT、MRIなどの検査画像、検査データ、紹介状などセカンドオピニオンで必要となる情報一式を指します。
※ 放射線診断専門医…X線、CT、MRI、PETなどの医用画像から診断を行う専門医で、日本医学放射線学会が認める高い水準の放射線診断能力を備えた医師のことをいいます。 


<運営会社概要>
ジェイマックシステムでは、医用画像システムのパイオニアとして、病院内でのX線やCT等の画像を扱う医用画像システム、放射線部門システム等のソフトウェアを開発、販売・設置・運用・保守まで一貫して行っています。

[社名] 株式会社ジェイマックシステム
[代表者] 古瀬 司
[URL] リンク
[設立] 1989年7月12日
[資本金] 3,000万円
[従業員] 139名(2017年4月現在)
[本社所在地] 〒060-0034 札幌市中央区北4条東1丁目2-3 札幌フコク生命ビル10F
       TEL:011-221-6262 FAX:011-222-6260
[営業/出張所] 東北営業所、東京営業所、名古屋営業所、大阪営業所、九州営業所、沖縄出張所
[事業内容]
 1.医療用ソフトウェアの開発・販売・保守設置等運用サポート
 2.遠隔読影支援サービス
 3.医療系電子書籍、アプリの開発・販売 等


【報道関係者の皆様のお問い合わせ先】
※このリリースの内容について、ご質問ご要望等がございましたら、遠慮なく下記担当までご連絡ください。
セカンドオピニオンアドバイザー 担当:山室、高倉 TEL:03-3526-2505
広報窓口 株式会社アネティ   担当:樹神(こだま)、真壁 TEL:03-6421-7397





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事