logo

「聖徳夢プロジェクト」で入学から就活までシームレスに学生をサポート -- 聖徳大学・聖徳大学短期大学部

聖徳大学 2017年05月03日 08時05分
From Digital PR Platform


聖徳大学・聖徳大学短期大学部(千葉県松戸市)では、「聖徳夢プロジェクト」が導入5年目を迎える。大学4年間(短大2年間)にわたるシームレスなキャリア支援プログラムで、一人ひとりの希望と適性を重視し、高い就職率を実現している。公立小学校教員、公務員の合格者数は全国トップクラスで、保育士採用数・幼稚園教員採用数ともに全国1位(2016年大学通信調べ)を誇る。


【プロジェクト概要】
 2013年から導入した「聖徳夢プロジェクト」は、学生一人ひとりが夢をデザインし、実現できるようにサポートするもので、次の2つから構成されている。
(1)「夢プロジェクト」(大学1・2年次/短大1年次)…今後の学びと自己成長を支えるための力を多面的に育む
(2)「夢実現プロジェクト」(大学3・4年次/短大2年次)…夢プロジェクトの応用、キャリア力をはぐくむ

【特長】
 大学4年間(短大2年間)にわたるシームレスなプログラムが特長で、一人ひとりの希望と適性を大切にし、基礎学力の向上からキャリア形成まで段階的に学生をサポート。さらに、「聖徳夢プロジェクト」と連動させたさまざまなキャリア支援を行い、高い就職率を実現している。
聖徳大学のキャリア支援は、就職に対する理解を深めることから始まる。社会で働くことの意義を知り、考えていくことで、就職活動に向かう姿勢をつくる。また、学生全員との個別面談やクラス担任との連携により、学生一人ひとりの適性や目標を見極め、きめ細かい就職支援を行っている。

【プロジェクトと連動したキャリア支援プログラム(例)】
◆「聖徳教育」
 本学独自のカリキュラム「聖徳教育III」では、次の3つを柱に、実際に就職活動に入るまでに着実に力をつけることができるような授業プログラムを1・2年次に組んでいる。
(1)多くの人とかかわり協力していくためのコミュニケーション力の育成。自らの考えや思いをその場にふさわしい言葉で表現するための力を養う。
(2)オリジナル教材を使用し、客観的な根拠により、論理的に説明・発表するための基本的な思考力を身に付ける。
(3)キャリアデザイン力を育成。自らの課題を明確にし、それを解決していくための道筋や方法をさぐり、それぞれの立場でのリーダーシップを育成。

◆「THE TOP INTERVIEW~トップに聴く!~」
 平成27年からは、社会と学生を繋ぐ聖徳大学キャリアプログラムとして、全学生を対象に「THE TOP INTERVIEW~トップに聴く!~」のプログラムを導入。日本で最も注目されている経営者の考え方や成功および苦労した体験を通して、学生が自分の将来についてデザインする力や、自分の目標を達成する第一歩である就職活動について、主体的に行動する力を養う。
 これまで、(株)帝国ホテル(代表取締役社長 定保英弥氏)やカルビー株式会社(会長兼CEO 松本晃氏)などの有名企業のトップにインタビューをしており、学生の将来のキャリアや就職活動に活かしている。

◆「就職夢アドバイザー制度」
 約85,000人の卒業生が、幼児教育をはじめさまざまな業界で活躍しており、これら経験のある卒業生、特に首都圏以外に就職している卒業生から、在学生の就職支援に協力してもらう「就職夢アドバイザー制度」も今年度よりスタートする。支援してくれる卒業生を募集し、登録制にして、在学生の問い合わせに応じてキャリア支援課が卒業生と在学生をマッチングする仕組みを構築する。

●聖徳大学キャリア支援課ホームページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 聖徳大学 キャリア支援課
 〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550
 TEL: 047-365-7451、047-365-7458(直通)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事