logo

IDT、次世代高帯域幅通信システム向けに最適化されたアナログVGAを発表

Integrated Device Technology, Inc. 2017年05月02日 09時40分
From JCN Newswire


SAN JOSE, CA, May 2, 2017 - ( JCN Newswire ) - IDT(R)(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、幅広い通信機器向けの高性能デバイス ファミリーの最初の製品となるアナログ可変利得アンプ(AVGA) IDT(R) F2480を発表しました。F2480 は、VVA と IDT 独自の Zero-Distortion(TM) RF アンプをコンパクトなパッケージにしたもので、低い挿入損失と高いリニアリティを提供して、RF アッテネータの非常に正確でスムーズな調整を可能にします。

VVA は、dBリニア減衰調整特性と優れた IP3 性能を、全減衰範囲にわたって提供します。アンプは 900 MHz 時に +41.5 dBm の OIP3 性能を備え、消費電流はわずか 106 mA です。デバイスは内部でマッチングされるので、外付けの調整部品でマッチングする必要はありません。

F2480は送信パスまたは受信パスの両方で使用できる柔軟性があり、4 つの RF ポートのピンアウトは、増幅範囲 400 MHz から 3000 MHz までと減衰範囲 50 MHz から 6000 MHz までの複数ラインナップ構成をサポートします。全体としてティピカル12 dB 、カスケードされた最大利得 36 dB の連続的な利得範囲を提供します。外部ピン接続により、製品を必要な順番にカスケード接続することができます。

F2480 は、マルチモード、マルチキャリア レシーバ、3G/4G 基地局、ポイント・ツー・ポイント、公共安全インフラ、デジタル無線通信システムなどの通信機器に最適です。

IDTのRF 部門のジェネラルマネージャー Duncan Pilgrim は次のように述べています。「IDT は、最新の RF 製品の開発に必要な技術をお客様に提供し続けています。新しいAVGA 製品群は、その最新作です。独自のZero-Distortion 技術を活用したF2480 は IDTのRF製品の特徴である高性能を提供します」

F2480の特徴
- 400 MHz ~ 3000 MHzの増幅範囲と50 MHz~6000 MHzの減衰範囲で複数のラインナップ構成をサポートする4つのRFポートのピンアウト
- 4.3 dB の低ノイズフィギュア
- ティピカル12 dB 、カスケードされた最大利得36 dB の連続的な利得範囲
- 低電流消費: ICC = 106 mA (スタンバイ時 1.2 mA)
- 双方向アッテネータ RF ポート
- システムの PCB 損失の影響を打ち消す正のアンプ利得スロープと周波数特性

IDT社について

IDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。RF、リアルタイムインターコネクト、ワイヤレス給電、シリアル・スイッチ、インタフェース、車載用ASIC、電源管理IC、センサーシグナルコンディショナICや環境センサーは、システムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器、車載、産業の用途向けに完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market(R)市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報は www.idt.com をご覧ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTube、Google+ でもお調べいただけます。

Facebook: リンク
LinkedIn: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

本プレスリリースに関するお問合せ先
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039
FAX: 03-6453-3011
E-mail: mayumi.honda@idt.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事